BLOG

ブログ

【ゲームレビュー】きみと一緒なら、どこまでも行ける。『ザ・ファイナルタクシー』

Ą級ゲームレビュー

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

みなさ~ん、ディストピア(※)はお好きですか~!?

(※ここでは「文明が崩壊し荒廃した世界」という意味)

 

今回ご紹介するゲームアプリは、

ポストアポカリプスを味わえる『ザ・ファイナルタクシー』。

 

(ダウンロードはこちら↓)

ザ・ファイナルタクシー

ザ・ファイナルタクシー
開発元:zxima.LLC
無料
posted withアプリーチ

『TimeMachine』『MyLove.』『リトルボムガール』など、

ディストピアな世界観で人気の合同会社ズィーマの最新作です。

 

(前々作『ポストアポカリプスベーカリー』のレビューはこちら↓)

【ゲームレビュー】終末を迎えた世界で、私にできる唯一のこと。『ポストアポカリプスベーカリー』

 

※本ページに掲載する画像はすべて筆者のスクリーンショットです。

 

「運転はまかせろー(ドリフト)」「やめて!」

『ザ・ファイナルタクシー』の主人公(=プレイヤー)は、

この荒廃した世界で仕事を始めたばかりのタクシー運転手

お客さまを後部座席に乗せ、それぞれの目的地へと向かいます。

 

こっちのテンションが上がるやつ。

(この後「喜んでないで早く走れ」と怒られる)

 

しかし、ここはディストピア。

道路がきちんと整備されているわけがありません。

画面下部に表示されるハンドルをグルングルン回しつつ、

お客さまを車酔いさせないよう、安全運転で駆け抜けます。

見よ!! 私のドライビングテクニックを!!(※無免)

 

こうなるとゲーロオーバー、もといゲームオーバー。

 

タクシーは人生だ。多分。

「乗客を目的地まで運ぶ→稼いだお金でタクシーを改良する」

というのが、このゲームの基本的なサイクル。

シンプルな内容だからこそ、ストーリーの存在が際立ちます。

 

『ポストアポカリプスベーカリー』では

パン屋の手には有り余るほどの命運を握らされたりしましたが、

どうやら今作のタクシー運転手にも重要な役割があるようです。

 

 

 

なぜ人は目的地に行くのだろう?

何かをするため?誰かに会うため?それとも・・・。

 

 

「人にはみな 自分さえ知らない目的地がある」

 

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村