BLOG

ブログ

ホラゲーなはずの『犬鳴トンネル』にひたすら感銘を受けた話

Ą級ゲームレビュー

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

 

 

 

2020年はまだ始まったばかり…とみせかけて、

きっと駆け足で過ぎ去っていくことでしょう。

そこで早速、今年中にプレイしたかったゲームのひとつ、

チラズアートさんの『犬鳴トンネル』を体験してきました!!

 

 

 

そう。これはもはや、プレイではない。

もはや“体験”なのであります・・・。

 

 

 

『犬鳴トンネル』について

 

※画像はイメージ

 

 

心霊スポットや廃墟に少しでも興味がある方は、

きっと耳にしたことがあるでしょう。

福岡県に位置し、日本最恐とも恐れられる場所「犬鳴トンネル」を。

 

 

現在は完全に封鎖されており、中に入ることはできないようですが、

同場所を巡ってはさまざまな伝承があり、聞く人の想像力を掻き立ててきました。

※実際に発生した事件もあるため、情報収集にはじゅうぶんご注意を。

 

 

 

で、こうした伝承の要素を織り交ぜながら、

リアリティあふれる犬鳴トンネルに潜入できる作品が

この『犬鳴トンネル』というわけなのです。

 

 

 

 

 

 

プレイは一人称視点。

ビデオカメラを手に、闇夜の犬鳴トンネルへ潜入していきます。

 

グラフィックのレベル自体はPS2~PS3くらいだと思いますが、

テクスチャーがとにかくこっていて、雨が降ったあとの山奥の空気感を

描ききっています。

 

初代バイオハザードのキャッチコピーは「そこを歩く、という恐怖。」でした。

プレイ中はひさびさにこの言葉を思い出しました。

濡れた草木のにおい、踏みしめた地面の凹凸、時を経て苔に覆われたコンクリート面の手触り・・・

VRでもないのにここまで喚起させてくれるとは、ただただ「感嘆」の一言です。

 

 

 

 

 

 

※以下ネタバレ注意※

 

 

 

 

怖がりつつも感動をおぼえる“女幽霊”の演出

 

しかし、それ以上に筆者が感動した描写があります。

それは、作中に登場する女の幽霊です。

こちら↓が実際の登場シーンですので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

恐いことは恐いんですけど、それ以上に感動をおぼえてしまいました。

現実には存在しないはずのものなのに、「いたらこう見えるだろうな」

という、得も言われぬ説得力を感じました。

 

 

 

手持ちのビデオカメラには顔認識機能が備わっており、

人形はもちろん何もいないはずの空間にも反応を見せるのに、

この幽霊に対しては効いていないというのもポイントが高いです。

 

 

 

 

 

3Dインディーズホラーの急先鋒!?Chilla’s Art(チラズアート)さん

 

本作品の制作者は、「Chilla’s Art(チラズアート)」さんという

兄弟2人組のパブリッシャーです。

 

 

1本ごとのプレイ時間は短いものの、高クオリティな作品を

短いスパンで発表しており、国内外を問わず注目が集まっています。

 

 

最新作の『夜勤事件』もプレイしましたが、

やはり、クセになりそうな没入感が炸裂していました。

 

 

価格も300円程度なので、少しズレた現実で恐怖体験がしたくなったら

彼らが織りなす仮想世界にぜひ飛びこんでみてください!!