BLOG

ブログ

私はさがし求める者であった。心の声を容赦なく突き付けてくるゲーム『ALTER EGO』

Ą級ゲームレビュー

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

今回は、“読書を介した自分探し”を体感できる

ゲームアプリ『ALTER EGO』をご紹介します。

 

※下記に掲載する画像はすべて筆者のスクリーンショットです。

 

ALTER EGO

ALTER EGO
開発元:Caramel Column Inc.
無料
posted withアプリーチ

「EGO」を集め、「エス」と向き合う

『ALTER EGO』でもっとも重要なのは、「EGO」を集めること。

奥から迫ってくる吹き出しをタップしてEGOを貯めていきます。

アプリを閉じているあいだも、時間経過でEGOが増えるのでご安心を。

 

 

まずは獲得したEGOを使って「本」を増やしましょう。

右側の本のアイコンを長押ししてページを進めることで、

1冊の本から獲得できるEGOを増やすこともできます。

 

ある程度EGOが貯まったら、エスに会いに行きましょう。

エスは、この空間で読書にふけっている謎の少女です。

 

この画面でエスをタップすると、短い台詞を喋ってくれる。

 

ごめんなさい。

 

鏡の欠片を集め、自分自身と向き合う

エスにEGOを渡してシナリオを進めていくことで、

『ALTER EGO』の世界観が少しずつ明らかになっていきます。

 

「壁の男」ことEGO王。エスとは対立関係にある。

 

また、途中で性格診断を受けることもできます。

これこそが、『ALTER EGO』のメインコンテンツ。

実際に心理学を学んでいた開発者による分析なので、

そこらの心理テストよりよっぽど信用できます。

 

 

「都合が良すぎる考え」と辛辣なことを言われていますが、

なかなかどうして当たっています。(同族嫌悪・・・)

 

さらに、診断結果によって吹き出しの内容が変化するため、

EGOを貯めながら常に自分自身と向き合うことになります。

 

過去の診断結果は「記録室」で確認できる。

 

 

モノクロで統一された世界は、答えを求めてさまよう我々の心。

その空間に、青い蝶が行き先を示すかのように浮かんでいる。

「この世界に、色が与えられる時は来るのだろうか?」

『人間失格』『デミアン』『山月記』などの一節に触れながら、

ぼんやりとそんなことを考えてしまいました。

 

一人でじっくりと内省を促したい方におすすめのゲームです。

 

 

ALTER EGO

ALTER EGO
開発元:Caramel Column Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村