いまさら聞けない!将棋の基本ルールまとめ

エンジョイ将棋道場

 

みなさんごきげんよう。
大阪市でWEB制作をしているエンジョイワークスの
「エンジョイ将棋部」席主、JTです。

 

さて皆さまご存じのとおり、先日とうとう藤井五段、
もとい藤井六段がやってのけました。
史上最年少での公式大会優勝、しかも名人・竜王(かつ永世七冠)という
棋界最高峰のタイトルホルダーたちを破り、
これはもう誰も文句のつけようがない快・快・挙であります。

 

とはいえ、その凄さがどれほどのものなのか、
これは将棋に対する知識量が増えれば増えるほどわかってくるものです。
あの4四桂がなぜ後世語り継がれる一手と呼ばれるのか、
そもそも中学生という色眼鏡抜きに、
藤井さんの差し回しにはどんな特徴があるのか。

ぜひこの講座で将棋の基本的な知識を身につけていただき、
少しでも皆さんの観る将ライフにお役立ていただければ光栄です。

 

 

前回の記事では事始めに、将棋における考え方がいかに実際の仕事に役立てられるかを、
3つの項目に分けて説明させていただきました。

とはいえ、そもそも将棋自体のルールをご存じなければ、
ご理解がむずかしい部分もあることでしょう。

 

そこでこれから数回に渡り、将棋の基礎的なルールを、
初心者の方にもわかりやすくご説明差し上げたいと思います。

少々複雑かもしれないが、ぜひ高くそびえる山への
スタートラインに立っていただきましょう。

 

 

将棋の基本ルール その1
駒の種類・枚数・はあらかじめ決まっている

前回の記事と繰り返しになるが、お互いに手持ちの駒は決まっています。
それぞれ動き方には個性があり、詳しくはまた次回ご説明します。

 

将棋の基本ルール その2
先攻・後攻を決める

オセロとおなじように、将棋では先攻と後攻があり、
自分の手番では盤上のどれかの駒を1回動かすことができます。
もちろん動ける方向に動かせられる駒だけです。

 

将棋の基本ルール その3
自分の駒を動かした先にいる相手の駒は、取って手駒にできる

ここが将棋の面白いところで、相手の駒を取れれば自分の味方になるのです。
チェスを始めとして、将棋に似たボードゲームは世界各地に存在しますが、
この「取った相手の駒を使える」というルールは将棋独自のものだそうです。
そしてこの特性が、将棋ならではの複雑で奥深い戦略を可能にしています。

 

将棋の基本ルール その4
相手の陣内に侵入したら、駒が裏返ってパワーアップ

相手の陣内とは最初に歩兵が並ぶ前3列目までのことを指します。
このエリアに侵入できた自駒は裏にひっくり返してより強力な駒に進化できます。
これを将棋では“成る”と表現します。
(そのままでいることも可能、ただし一度成ると元には戻れません)

 

将棋の基本ルール その5
勝利条件は、自分より先に相手の王様を詰ませること

では、何をもって勝ち / 負けが決まるのか。
それはお互いの王様どちらが先に詰まされるかで決まります。
つまり、詰まなければ負けないし、詰まさなければ勝てません。
たとえ王様以外すべての駒を相手に渡したとしても、
相手の王が詰めば勝ちになるのです。

 

 

 

 

以上、今回は粛々と、将棋の基本ルールについてご説明しました。
少々真面目すぎる気持ちも拭えないが、致し方ありません。

 

次回こそは駒の動きについて、
怪しげな論理展開で読者を翻弄する所存であります。
どうぞご期待ください。

 

 

 


人気ブログランキング