BLOG

ブログ

「読書の秋」を楽しみながら、「芸術の秋」にも片足突っ込める『ほしとんで』

EWマンガ朝話

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

「スポーツの秋」「読書の秋」「芸術の秋」など、

何かにつけて「○○の秋」と言われがちなこの季節。

すごしやすい気候であることが大きな理由だそうですが、

筆者としては、以前どこかで聞いた

夏が終わったさみしさを癒そうとしている説」が

たいへんノスタルジックに感じられるので気に入っています。

 

さて、スポーツ全般がてんでダメな筆者にとっては

もっぱら「読書の秋」「芸術の秋」になるわけですが、

最近その両方を満たしてくれる漫画作品に出会いました。

 

今回ご紹介するのは、LINEマンガで連載中の『ほしとんで』。

アニメ化もされた『ガイコツ書店員 本田さん』の作者による、

青春《俳句》グラフィティー漫画です。

 

あらすじおよび主な内容

【あらすじ】

主人公の尾崎流星(18)が入学した八島大学芸術学部は、

「有名人およびちょい変人」を輩出し続けている迷学部。

趣味で創作をやっていた流星は小説ゼミを希望していましたが、

彼が専攻している文芸学は大学側がゼミを決めるシステムのため、

まったく専門外の《俳句ゼミ》に入れられてしまいます。

覇気がなく、淡々とした性格(でもちょい変人)の流星は、

個性豊かなゼミ生とともに、俳句の世界へと飛び込んでいきます。

 

ゼミ生は全員が俳句初心者なので、

季語とは?」「切れ字とは?」から丁寧に解説されています。

また、1巻の舞台は大学内ですが、2巻は吟行(※)がメイン。

俳句ゼミの先輩も登場して、“俳句の世界”が一気に広がります。

(※吟行・・・和歌や俳句の題材を求め、名所や旧跡に出かけること)

 

魅力的なキャラクター(と、独特な台詞回し)

気さくでコミュ強な漫画オタクの「春信くん」や、

顔は怖いけど実はとってもお茶目な「坂本先生」など、

個性豊かなキャラクターも『ほしとんで』の魅力です。

筆者的には2巻で沼に落ちた「隼先輩」を推したい。

言動は乱暴だけど、俳句に対しては真摯なギャップ萌えの人。

 

俳句に興味がある人も、そうでもない人も楽しめる漫画です。

筆者はまんまと吟行に出かけたくなってしまいました・・・!

 

俳句関連書籍とか買っちゃったりなんかしちゃったりして。

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村