BLOG

ブログ

愛は滑稽で、美しい。『推しが武道館いってくれたら死ぬ』

EWマンガ朝話

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

今年1月からTBS系列で放送中のアニメ、

推しが武道館いってくれたら死ぬ』(通称『推し武道』)の

原作1・2巻がKindle Unlimitedで読み放題になっています。

 

 

なんだか物騒なタイトルの漫画ですが、中身はコメディー。

・・・いえ、ラブコメディーといっても過言ではないお話です。

 

『推し武道』はこんな話

『推し武道』の舞台は岡山県。

赤いジャージがトレードマークのえりぴよは、

地下アイドル「Cham Jam」のメンバー、舞菜の大ファン。

ファンが少ない舞菜は自分の単推し(※1)であるえりぴよに

好意をもっているのですが、内気で人見知りな性格ゆえに、

接触(※2)でもついつい塩対応(※3)になってしまいます。

 

(※1)単推し:グループ内において、一人のメンバーだけを応援すること

(※2)接触:握手会・チェキ会・お渡し会などの交流できるイベント

(※3)塩対応:上記の接触で、アイドルなど相手の対応が素っ気ない様子

 

それでもえりぴよはめげません。

来る日も来る日も舞菜の握手券を買い占め、叫ぶのです。

舞菜が武道館いってくれたら死んでもいい」と・・・。

 

名言が多すぎる『推し武道』

 

 

「1000円で買う推しの5秒 興奮するでしょう?」

 

「舞菜は私がいなくても何も思わないだろうけど

 私の人生には舞菜の1分1秒が必要なんです!!」

 

「僕は誰の一番にもなれないってわかってますから

 僕が一番れおのことを好きでいたいんです・・・」

 

オタク全員 金がない

 

など、心に突き刺さる名言がいっぱいの『推し武道』。

(「最後のは名言か?」と言ってはいけない)

 

ドルオタではなくとも、その愛には大いに共感できます。

「舞菜は生きてることがわたしへのファンサだから」

というセリフがありますが、

私も似たようなことを過去に書いたことがあるので・・・。

<推しに届け。「応援うちわ」の配色を考えてみた。>

 

えりぴよと舞菜のすれちがいを面白がりながら、

“自分にとっての推しへの想い”を再確認できる漫画です。

 

 

それでは最後に、筆者の好きなアイドルソングを

三次元の推しがいるすべての人に捧げたいと思います。

 

♪遠距離ポスター / AKB48

えっ、これ、10年前の曲なの!? イヤーーーー!!!!

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村