BLOG

ブログ

生きろ、そなたは美しい。『裸一貫!つづ井さん』

EWマンガ朝話

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

今回はコミックエッセイ『裸一貫!つづ井さん』をご紹介します。

 

▲そこそこの音量でカルメン(前奏曲)が流れるのでご注意ください。

 

うるせえ! 私の幸せは私が決める!

エッセイの著者は20代後半の社会人、つづ井さん。

「オタク」「腐女子」「夢女子」などの多数の肩書(?)をもち、

同じ趣味をもつ4人の仲間たちと毎日をエンジョイしています。

 

しかし、“そういうお年頃”というべきなのか何なのか、

周囲から「ちゃんと将来を考えろ」と言われることもある様子。

そんな心無い言葉に対する、つづ井さんの答えは・・・

 

 

特にな~んとも思ってませ~ん ピッピロピ~~~

 

 

わかる~~~ 一言一句同意~~~

そんな感じで、あまりにも共通点が多すぎて

私にとっては他人だと思えないつづ井さんの

日常を描いている作品が『裸一貫!つづ井さん』です。

 

私も友達へのサプライズに本気出してみたい

私お気に入りの話は第3章「オカザキさんの誕生日」。

友人であるオカザキさんの誕生日を、

ほかの友人2人と協力して全力でお祝いします。

 

京都旅行でサプライズを決行するのですが、

「内緒でパーティーとかやるんでしょ?」と思いきや、

サプライズの方向が斜め上空を飛んでいくので面白いです。

それを受け入れるオカザキさんの懐が太平洋クラス。

 

▲話の内容と関係あるような、ないような・・・みたいな画像。

 

まったく知らない人の誕生日なのに読んでてワクワクします。

「推しについて語っていくスゴロク」私もやってみたい。

 

長い人生だから、一緒に歩いてほしい。

私にとって本書は、もう一人の友人のような存在になっています。

夜中に突然目が覚め、暗闇のなか天井を見上げながら

孤独死・・・か・・・」とつぶやくなど(※実話)、

自分の人生についてネガティブになってしまう瞬間があっても、

「つづ井さんが楽しく生きてるから私も頑張ろ!」と思えます。

友人というより“同志”と呼んだほうが近いかもしれませんね(重い)

 

つらいときに読み返しては現実をアッハッハと笑い飛ばしながら、

人生で大切なものは何なのかを思い出させてくれるエッセイです。

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村