BLOG

ブログ

書籍レビュー『後悔しない超選択術』

BOOK REVIEW

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

突然ですが、みなさんはランチ選びに時間をかけるタイプですか?

筆者の場合は、ひとまず会社の周りをウロウロした後、

最終的にいつものや●い軒に入っていくタイプです。

 

メンタリストDaiGoの著書『後悔しない超選択術』によると、

人は1日に約70回、人生を左右する選択をしているとのこと。

 

 

1回のランチが人生を左右するものかと思うかもしれませんが、

「忙しいとき」「疲れているとき」「恋人といるとき」など、

TPOに応じたお店選びをしたいときもありますよね。

“後悔しない選択”をするには、どうすればよいのでしょうか?

 

「何を基準に意思決定をしているか?」

<第1章 選択の仕方にはスタイルがある>によると、

「自分の選択のベースとなっているスタイルを知ること」が

“後悔しない選択”をするための第一歩になるそうです。

本書では、5つの意思決定スタイルがあると書かれています。

 

・論理的に考えて選択する【合理的スタイル

・データより感覚を重視する【直感的スタイル

・他人の意見を重視する【依存的スタイル

・最終決定を先延ばしにする【回避的スタイル

・決断するスピードが速い【自発的スタイル

 

いかがですか?

自分に当てはまるスタイルがあるのではないでしょうか。

ランチにたとえると、

【合理的スタイル】は状況に合わせたお店を選べますが、

【直感的~】は自分が食べたいと思っている物を選び、

【自発的~】は状況に関わらずいつものお店を選びます。

筆者の場合は【自発的スタイル】ということになりますね。

 

「自分の頭で熟考して決定した」と思っていても、

実際はこれらのスタイルに従って選択しているのです。

 

「その選択に心から満足しているか?」

 

 

「選択の結果をどう受け止めるか」という点においても

2つのパターンがあるといわれています。

 

1つはサティスファイザー(完了主義)

最高の結果でなくても、ある程度の結果で満足できるタイプです。

もう1つはマキシマイザー(完璧主義)

最高の結果を求め、あらゆる情報を比較検討するタイプですが、

最終的には自分の選択に満足できる促進系マキシマイザーと、

満足することができない評価系マキシマイザーに分かれます。

 

上記の意思決定スタイルと合わせると、最も良い組み合わせは、

《合理的スタイル×サティスファイザー》

または

《合理的スタイル×促進系マキシマイザー》

ということになります。

 

「じゃあ、これに当てはまらない人はどうすればいいのよ!?」

・・・ご安心ください。ここまではあくまで前座。

そんな方に『後悔しない超選択術』を伝授するための本なのです。

はい!!タイトル回収!!(前にも使ったな、このフレーズ・・・)

 

叶えたい夢のために、後悔のない選択を。

本書では「選択に正解はない」としたうえで、

“ベターな選択”をするためのノウハウが紹介されています。

著者の実体験や数々の論文にもとづく確実なテクニックなので、

日常生活のなかに取り入れやすいというメリットがあります。

 

筆者はまだ人生を揺るがす選択肢に出会っていないので、

まずはランチ選びに役立てることから始めようと思います!

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村