BLOG

ブログ

【書籍レビュー】老若男女、み~んなお嬢さまにな~れ。『お嬢さまことば速修講座』

BOOK REVIEW

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

・・・ごほん。みなさま、ごきげんよう。

本日は、『お嬢さまことば速修講座』というご本をご紹介します。

 

ちなみに改訂版もあります。

 

「インスタントお嬢さま」にならないためには。

さて、このブログをご覧になっているみなさまは、

どのような「お嬢さまことば」をご存じでしょうか?

 

・「こんにちは」「さようなら」 → 「ごきげんよう」

・「ちょっと失礼」 → 「ごめんあそばせ」

・「いいですよ」 → 「よろしくってよ」

 

代表的なイメージとしては、このようなものがあるかと存じます。

本書では、これらの言い換え表現や肯定・否定のテクニックなど、

お嬢さまらしいことばづかいの例が多数紹介されております。

 

しかし、お嬢さまことばをいくらお勉強なさったところで、

不測の事態にはメッキが剥がれてしまうものでございます。

 

(※高度なダジャレ)

 

たとえば、お答えしづらい内容の質問をされてしまったとき。

「ええと、あの・・・」とことばを濁すのは、

お嬢さまとしてふさわしい振る舞いとはいえません。

 

そういうとき、本物のお嬢さまはどうなさるのでしょうか。

正解は「3秒沈黙し、ゆっくりと間をおいてから答える」。

3秒もあれば冷静になり、心の余裕も生まれてまいります。

 

・・・もし、3秒たっても良いお答えが思いつかなかったら?

本書の著者は、このように書かれております。

 

そのままお答えにならないでいればよろしいでしょう

とまどったようなほほえみをうかべていらっしゃれば、それがお答えになります

 

真のお嬢さまは、言動がともなってこそ。

最後に、教訓として覚えておきたい文章をご紹介します。

 

よくない噂話や悪口に巻き込まれそうなとき、

口論を仕掛けられたとき、意地悪をされたとき、

お嬢さまとしてどのように対処すればよいのでしょうか?

 

===============================

この場合の基本は、我関せず、でございます。

悪いことと汚いことには、触れない、反応しない、コメントしない、

これが、原則でございます。

===============================

 

よいお嬢さまの条件とは、適切なことばづかいだけでなく、

スルースキルが備わっていること」なのかもしれませんね。

それでは、ごめんあそばせ。

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村