BLOG

ブログ

【書籍レビュー】自分の心に追いつめられる前に。『反応しない練習』

BOOK REVIEW

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

今回は草薙龍瞬の著書『反応しない練習』をご紹介します。

Amazonの思想カテゴリでベストセラー1位を獲得している話題本です。

 

ネガティブな感情は、全部“ムダ”

本書『反応しない練習』の副題には

「あらゆる悩みが消えていく ブッダの超・合理的な『考え方』」

とあります。「ブッダの考え方」とはいったい何なのでしょうか?

 

仏教の開祖であるブッダは、かつて「ゴータマ」という青年でした。

王族の跡取り息子だったゴータマは、裕福な暮らしを送るなかで

人生しんどいことだらけじゃね?」と気づいたことをきっかけに、

深夜に王宮から脱走して出家します(このとき29歳)。

やがて35歳で“悟り”に達し、「仏陀」と呼ばれるに至りました。

 

馬に乗って、こっそり(?)抜け出したらしい。

 

一人の青年を厳しい苦行の道へと駆り立てた「人生の悩み」とは、

現代を生きる私たちでさえ、当たり前に抱えているものです。

 

「最近失敗ばかりでへこんでいる」

「将来のことを考えると不安になる」

「職場での人間関係がうまくいかない」

「どうしても他人の目が気になる」

 

これらの悩みは“ネガティブな心の反応”から生まれるものです。

そのような“ムダな反応”をしないための「合理的な考え方」を

ブッダの教えになぞらえて説くことが、本書の大きなテーマです。

 

先のことはわからないから“今”を見る

私の心の琴線にもっとも触れたのは、

第2章の「『本物の自信』をつけるには?」という節です。

 

「この分野なら誰にも負けない」という実感に乏しい私は、

昔から「自信が欲しい」と思いながら日々を過ごしてきました。

しかし本書は、その思いを「不合理な発想」として切り捨てています。

 

なぜなら、「自分にはこれができる!」と思っていても、

「本当にできるかどうか」「成果が出せるかどうか」という

先のことは、実際にやってみるまでわからないからです。

 

「先のことを考える前に、今しなければならないことを考える」

それが正しい自信のつけ方なのだ──と、本書は説いています。

 

 

自信をつけるためのたった一つのやり方については

実際に本書でご確認いただくとして、その方法を知った私は

あまりの説得力に“目からウロコ”という状態になりました。

 

 

本書は「悩みを解決するまでの最短距離」を紹介しています。

あまりの合理性の高さに「そんな簡単に割り切れないよ!」と

思うかもしれませんが、本書でも最初に取り上げられているように、

まずは“心の反応”をじっくり観察してみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村