BLOG

ブログ

書籍レビュー『秋本治の仕事術』

BOOK REVIEW

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

今回は秋本治の著書『秋本治の仕事術』をご紹介します。

 

秋本治とは?

 

 

漫画家・秋本治といえば、

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、通称『こち亀』の作者。

連載40周年となる2016年に連載を終了するまで、

ただの一度も休載しなかったことで知られる漫画家です。

 

「漫画家」という仕事に対するイメージとして、

昼夜逆転生活や〆切前の修羅場を想像する方は多いでしょう。

そういうことを巻末コラムやSNSで愚痴る漫画家も多数います。

 

一日中部屋にこもり、座りっぱなしで作業することも多く、

心身に不調をきたして入院する漫画家も少なくありません。

また、「取材のため休載いたします」という告知もよく見ます。

 

では、なぜ秋本治は休載することなく連載を続けられたのか?

どんなウルトラテクニックを使って漫画を描いていたのか?

その答えが、この『秋本治の仕事術』で紹介されています。

 

彼の『こち亀』人生を支え続けたものとは?

 

 

●第1章 セルフマネジメント術

●第2章 時間術

●第3章 コミュニケーション術

●第4章 発想術

●第5章 健康術

●第6章 未来術

本書はこのような構成で、秋本治の“仕事の仕方”を紹介しています。

 

結論からいうと、40年にもおよぶ連載を支えていたのは、

“秋本治だけが知っている秘密のテクニック”ではなく、

私たち社会人にも備わっているような普通のスキルでした。

 

40年も漫画家として活動しているなかで、

「13誌の漫画雑誌に読み切りを同時連載する」

「年末進行の時期に45ページもの読み切りを描く」

「テレビ番組の企画で、苦手な野球をやらされる」(←!?)

などのイレギュラーな仕事が発生したこともあるそうです。

 

そんなピンチに直面したときでも仕事を飛ばすことなく、

普段通りに漫画を描き続けることができたのは、

あまりに単純で、だけどついつい怠けてしまいがちな、

“あること”を徹底して続けていたからだったようです。

 

 

漫画家でありながら、まるでサラリーマンのような

生活リズムを組み立て、今も漫画を描き続けている秋本治。

自分の仕事にも活かせる“気づき”がたくさんある良書でした。

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村