BLOG

ブログ

“自分らしさ病”にかかっているアナタに。『電信柱の陰から見てるタイプの企画術』

BOOK REVIEW

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

「アイデンティティーがない」とサカ●クションばりに悩んでいた頃、

本かネットで読んだ言葉が、今も私の心に強く残っています。

 

個性は他人が決めるものであって、自分で決めるものではない

 

確かに、他人の「こいつ天然なんだよ」という評価は信用できても、

自分で「私、天然なんですぅ~」と言う人は疑わしいですよね(笑)

「個性のことでクヨクヨ悩む必要はない」という救いを得た言葉です。

 

 

しかし、特にクリエイティブ職においては、

「自分にしかつくれないものをつくらなければ!」と

つくり手側の個性が暴走することも少なくありません。

 

そういう人の処方箋としておすすめしたいのが、

電信柱の陰から見てるタイプの企画術』です。

 

 

本書の著者である福本真一さんは、

・ジョージア「明日があるさ」シリーズ

・富士フイルム「フジカラーのお店」シリーズ

・サントリーBOSS「宇宙人ジョーンズ」シリーズ

などの名だたるCMを数多く手がけたプランナー。

 

さぞかし個性的な人なのだろうと思いきや、

地味で、暗くて、人づきあいが苦手で、気弱

まさに『電信柱の陰から見てるタイプ』の人間」と

自称しているのです。

 

ケンカする前に、ケンカの原因を取り除けばいい、という発想。

本書のなかで、著者はこのように書いています。

 

=================================

よきCMをつくり、世の中で話題になり、その結果、商品が売れていく。

求めている結果は同じなのに、なぜか対立し続ける、つくり手と広告主。

何か、しみじみと物哀しいものがあります。

=================================

 

この対立を生んでいる原因は、まさに“つくり手側の個性”にあります。

広告主は、商品を売りたい。つくり手は、話題になるCMをつくりたい。

求めている結果は同じでも、重視している部分が違うわけです。

 

 

CMが何のためにあるのかというと、「商品を売るため」です。

身もふたもない言い方をすれば、そこに“個性”は必要ありません。

自分が好きなものを、みんなも好きだとは限らないからです。

 

では、どうすればよいのか。著者は電信柱の陰で考えました。

ケンカするぐらいなら、全部相手の言う通りにしてしまおう」と。

 

「ギラギラしてなくてもクリエイティブ職にはなれるよ」という励みに。

「個性を捨てろ」というつもりはありませんが、

自分らしさにこだわりすぎてうまくいかない人には

ぜひ読んでいただきたい一冊です。

 

また、本書の内容ははっきりいって「自分語り」が中心です。

著者の考え方に共感できる人なら、

「こんな奴でもクリエイティブ職になれるのか!」

という自信がつくかもしれません。

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村