facebook広告のSEO対策効果を事例付きで検証してみた。

SNS活用

 

facebook広告はSEO対策に効果があるのか?

株式会社エンジョイワークスではfacebookページの運用も行っております。

今回エンジョイワークスのfacebookページにてfacebook広告を試験的に運用しました。

「SEO対策の効果がある」と期待して、種類のあるfacebook広告から「投稿へのエンゲージメント」の広告を選択しました。

facebook広告の配信事例、結果をもとにfacebook広告の費用対効果を見るとともにSEO対策に影響があるのかを検証します。

※注意※

ここでは企業・店舗用のfacebookページにおけるfacebook広告の費用対効果をご紹介します。

個人用facebookタイムラインはここではご紹介しません。

 

株式会社エンジョイワークスのfacebookページ

エンジョイワークスのfacebookページは以下です。(2017年2月現在)

エンジョイワークスfacebookページ

 

株式会社エンジョイワークスfacebookページ:https://www.facebook.com/enjoyworks2015/

 

昨年12月にfacebookページを開設し、現在運用2か月目。

facebookページに対する「いいね!(ファン)」数は5件です。

まだまだひよっこですね。

現在このfacebookページでは、株式会社エンジョイワークスの管理画面からブログ記事を投稿するとfacebookページに自動投稿される仕組みを基本的に使用していますが、今回は手動で投稿した内容に対してfacebookの広告を配信しました。

 

出稿したfacebook広告の対象投稿・費用・期間・ターゲットなど詳細

対象投稿、費用、期間、ターゲット等今回facebook広告にて設定した内容は以下です。

今回はサンプルとして2つの投稿を事例としてご紹介します。

facebook広告対象投稿その1

facebook投稿に記載したブログは以下。

SEO対策の「良質なコンテンツ」とは一体何なのか?

facebook広告の種類

「投稿へのエンゲージメント」

広告費用

通算予算1,000円

広告掲載期間

2017年2月8日 18:55 –2017年2月10日 18:49(2日間)

広告配信ターゲット

facebook広告を配信するターゲット(オーディエンス)は以下のように設定しました。

地域:日本
除外する地域: 沖縄県
年齢:22歳〜60歳
言語:日本語または日本語(関西)
次の条件に一致する人:
趣味・関心: 検索エンジン最適化、勤務先: 検索エンジン最適化、役職: Search Engine Optimizer (SEO)または検索エンジン最適化

facebook広告対象投稿その2

facebook投稿に記載したブログは以下。

Googleアップデート、低品質コンテンツを順位低下へ。疑問点をGoogleへ質問してみた。

facebook広告の種類

「投稿へのエンゲージメント」

広告費用

通算予算1,000円

広告掲載期間

2017年2月7日 11:21 – 2017年2月9日 11:21(2日間)

広告配信ターゲット

facebook広告を配信するターゲット(オーディエンス)は以下のように設定しました。

地域:日本
除外する地域: 沖縄県
年齢:22歳〜60歳
言語:日本語または日本語(関西)
次の条件に一致する人:
趣味・関心: 検索エンジン最適化、勤務先: 検索エンジン最適化、役職: Search Engine Optimizer (SEO)または検索エンジン最適化

facebook広告配信終了後の費用対効果

facebookの「投稿へのエンゲージメント」広告が終了した時点のそれぞれのサンプルの結果は以下です。

 

サンプル1

facebook広告結果サンプル1

サンプル2

facebook広告結果サンプル2

 

どちらも通算予算1,000円と少額でしたので「いいね(リアクション)」数は二けた、コメント・シェア数は0という結果になりました。

SEO対策の効果があると期待した結果は以下です。

 

サンプル1のアナリティクス-2月21日時点の過去30日間累計

facebook広告配信後のアナリティクスサンプル1

サンプル2のアナリティクス-2月21日時点の過去30日間累計

facebook広告配信後のアナリティクスサンプル2

 

サンプル1・2は1,000円の通算予算で配信しましたがその結果として、

それぞれのページは「SEO対策 良質なコンテンツ」や「Googleアップデート 低品質」といったキーワードで検索した際に検索結果ページの2、3ページ目に出てくるようになり、エンジョイワークスのサイトのドメイン年齢やfacebookページのファン数を加味すると

「それなりに効果はあった」と見えます。

 

しかし、キーワード選定が甘かった&facebook広告の費用・掲載期間が少量だったせいか期待したほどの効果(自然検索流入数増加)は見られませんでした。

 

それぞれのページのテキスト量は2,000文字以上なので、

「facebook広告を配信しなくてもそれなりに検索結果の上位に表示されたのでは?」

という疑念はありますが、他のブログ記事ページに比べると比較的トラフィックを集めているので効果はあった…のでしょうか?

個人的に「正直微妙」という印象です。

 

facebook広告配信事例から得た検証

2日間で通算予算1,000円と少額だったのでfacebook広告がSEO対策の面で有効なのか判断がつきづらいですが、

今回のfacebook広告配信については

facebook広告は少額だとあまり実感するほどの効果は得られない」ということは得られました。

また今回は広告の予算金額にあわせて「短期間であったこと」、「上記の広告配信1回のみ」であったことから

もう少し検証してみる必要はあると思います。

今後もfacebook広告での配信があった場合、facebook広告の費用対効果を掲載します。

 

「記事が役にたった」or「これどう思う?」と思われた方はSNSでシェアをお願いします!!