映画レビュー 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

MOVIE ADDICT

こんにちは!エンジョイワークスです。

土曜日に美容室に行ってきたんですが、担当美容師さんが突然

「今日はバッサリ切っちゃいますか!!」と勝手に宣言し、

「え、嫌なんだけど」とも言えないので

「そうですね・・・毛先痛んでるので1、2cm切っちゃってください!」

とさりげなく下方修正したつもりだったのですが、結局バッサリいかれちゃいまして・・・。

今クヌギの木のどんぐりにソックリです。週末までに一刻も早く髪を伸ばそうと

海藻を大量に摂取し、抜けない程度に髪を引っ張ったり頭皮をマッサージしたり

しております。

これを上下反転させたらほぼ私になります。逆立ちしてご覧ください。

 

 

さて。

素晴らしい映画にまた出会えましたので、ご紹介します。

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

25年間迷子だった男がGoogle Earthで起こした奇跡の実話を映画化

した作品です。

 

あらすじは下記の通り↓

 

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。

しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。
インドで生まれた彼は5歳の時に兄とはぐれて迷子になり、それ以来、

家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ。
成人し、自分が幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。
人生を取り戻し未来への一歩を踏み出すため、そして母と兄に、

あの日言えなかった“ただいま”を伝えるため、彼は家を探し出すことを

決意する。

 

 

ちなみにこの映画、ライオンはあんまり関係ありません

 

 

レビュー

タイトルの意味が、最後の最後に分かります。 
サルー役の人の人間的魅力(子役も大人になってからの人も) 
で応援したくなります。

ちなみに大人のサルーを演じたのはデーヴ・パテール。

『スラムドッグ$ミリオネア 』に出ていたあの青年です。

いつのまにこんなイケメンに・・・!『LOST』のサイードにちょっと

似てますね。

 

ニコール・キッドマン演じるママが養子のサルーを 
見つめる愛情溢れる視線がすごく素敵でした。 
あんなsweetな目ができるなんて、実生活でも優しいに違いありません。 
CAST紹介でその他の出演作として『グレース・オブ・モナコ 
公妃の切り札』が紹介されていたんですが、あの映画は正直ミスキャストなので、

それを挙げるくらいなら『ドッグ・ヴィル』を紹介してあげてほしいところです。 

パパ役もどっかで観たことあるイケメンだなと思っていたら 
『ロード・オブ・ザ・リング』のファラミアじゃないですか! 
ナイスなキャスティング!

 

 

 


映画ランキング