ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

MOVIE ADDICT

こんにちは!エンジョイワークスです。

 

 

 

本日ご紹介する映画は、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』です。

 

あらすじは下記の通り↓

大切な人を失った悲しみ――誰にでも必ず訪れるそのことに、人はあまりにも無防備だ。

覚悟した別れでも受け入れがたいのに、ましてそれが突然で理不尽な別離だとしたら――。
オスカーと父は、親子であると同時に親友だった。

父は少しばかり繊細で生きることに不器用なオスカーを、その個性を壊さずに導いてくれる

頼もしい師でもあった。

そんな二人を優しく見守る母親。

ところが――9.11が最愛の父を奪ってしまう。

オスカーは父が遺した一本の鍵に、最後のメッセージが込められていると信じ、鍵穴を探す旅に出る。

鍵の入っていた封筒に書かれた文字に従い、ニューヨーク中の“ブラック氏”を訪ね歩くオスカー。

やがて謎の老人が同行者となり、いつしかオスカーの辿った軌跡は、人と人とをつなぐ大きく温かい輪になっていく。
ついにオスカーは、鍵の真実とめぐり会うのだか――。

 

 

 

 

 

トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの共演で贈る、ジョナサン・サフラン・フォアの

ベストセラーが原作の感動ドラマです。

『存在の耐えられない軽さ』とか、ちょっと長めの変わったタイトルって
何故か良作が多い気がします。

主演のトーマス君、これが初演技とは思えないくらい自然で、
トムハンクスも言ってたけどアップの表情が本当にイイ。引き込まれました。

鍵穴の先に何があるかは重要ではありません。

そこに到達するまでの出会いと成長がこの映画の見所です。

 

 


映画ランキング