小津安二郎 『お茶漬けの味』

MOVIE ADDICT

こんにちは!エンジョイワークスです。

3連休、私は家にこもって映画を11本観ました。

誰ですか?ドン引きしてる人は。

 

11本観た中で、『イット・フォローズ』というホラーも面白かったんですが、

ちょっと下ネタになってしまうので(簡単に言うと「それ」と呼ばれる怖い何かが

性交渉で相手に感染して、感染した人にだけ見える「それ」がどこまでも追いかけてくる

というお話でした)、それ以外で会社のブログで紹介できるものということで、

小津安二郎の『お茶漬けの味』をご紹介します。

 

あらすじは下記の通り。

会社勤めの佐竹茂吉は地方出身で質素な生活を好む。妻の妙子とはお見合い結婚。

上流階級出身の妙子にとっては、夫の質素な好みが野暮ったく思えてどうしてもイライラする。

憂さを晴らすために、友人の雨宮アヤ、黒田高子、姪っ子の山内節子らと遊び歩いている。

茂吉はそんな妻の気持ちを知りながらも、妻が嘘をついても知らないふりをしてやりすごしていた。

ところが、姪の節子がお見合いの席から逃げ出したことをきっかけに、茂吉と妙子が衝突する。

妙子は口をきかなくなり、あげくのはてに黙って神戸の友人のもとへ出かけてしまう。

一方の茂吉は急な海外勤務が決まって翌日羽田から出発するが、それを聞いても妙子は帰ってこない。

茂吉が発った後、家に帰ってきた妙子に、やきもきさせられた友人たちは厳しく注意をする。

平然を装う妙子だったが、茂吉がいないという現実に内心は激しく動揺していた。

そこへ突如茂吉が夜中になって帰ってくる。飛行機のエンジントラブルだという。

喜ぶ妙子に茂吉はお茶漬けを食べたいという。

二人で台所に立って準備をし、部屋に移動して一緒にお茶漬けを食べる。

お互いに心のうちを吐露し、二人は和解する。

夫婦とはお茶漬なのだと妙子を諭す茂吉。

妙子は初めて夫のありがたさ、結婚生活のすばらしさに気づく。

 

 

「こんな旦那様欲しいわ!!! どんだけ器大きいんだよ。」 と思いました。

嘘をついて外出しても怒らないし、「君らしくていいじゃないか」って許して

くれるんですよ。お手伝いさんがいて妙子は家事全然してないし。

この環境で旦那を疎んじる妙子に「罰あたれ!」と思ってしまいます。

安い銘柄のタバコ吸ったって、3等車両に乗ったって、いいじゃない。

 

 

 

小津安二郎の映画ではお馴染みの笠智衆が、今回はパチンコ屋のオヤジ

として出演しています。
個人的にはパチンコ屋のオヤジとしての小汚い恰好よりも 、
和服姿の笠智衆の方が好きです。 足袋を履かせてあげたくなります。

笠智衆が軍歌を歌うシーンがあって、歴史を記録するという意味でも
貴重な映画だと思います。

近代化が進む東京の街並みも見ていてわくわくします。

 

お見合いをすっぽかした節子に激昂し、茂吉に「あなた、うんとしかってやって下さいな!」

と言う節子。

妻に言われた手前、「節子さん、いけないよ。相手もあることなんだから。大人なんだから。」

と注意する茂吉。

妙子が席を立つと、節子に注意するフリを続けながら「もう行ったかな?」と

首を伸ばして確認する茂吉。

同じように首を伸ばして確認する節子。

二人の行動がシンクロしていてコミカルです。

こんなイメージ↓

 

基本、小津さんの映画では大きな事件は起こりません。

この映画も、短く言ってしまえば、うまくいっていなかった夫婦が

旦那の転勤をきっかけに向き合い、一緒にお茶漬けを食べる、

それだけの話です。

でも、その何も起こらないシーンのなんと平和で 美しく、愛しいことか。
奥さんが糠漬けを洗う時に着物の裾をさりげなく
持って濡れないようにしてあげている旦那の優しさ! 沁みる。

自分ちの台所なのに、普段お手伝いさんに任せっきりなので、

いろんな物の在り処を探し当てるのにちょっと苦労する二人。

「お!ごはんがあったぞ!」

宝探しをする子供のようでなんだか可愛いです。

二人でお盆にお茶碗とお新香を乗せて、台所から別室に移動するところが

とても印象に残っています。いつものローアングルで、奥行きがあって、

扉が閉まって、明かりがふっと消えて。なんでもないことなのに、なんでこんなに

刺さるんでしょう。

 

パートナーの大切さを忘れかけている人たちに是非観て頂きたい映画です。


映画ランキング