映画レビュー 『リトル・ミス・サンシャイン』

MOVIE ADDICT

 

こんにちは!大阪市でWEB制作をしているエンジョイワークスです。

年末年始、久しぶりにすごく真面目な文章を書き(いや、お客さまのWEB

のライティングではいつも真面目ですけどね。ブログにおいては、という

意味です)、鼻血出そうでした。

 

年末は実家に帰っていたのですが、母の「もてなしたい」という気持ちが

先走り、鮎の甘露煮3匹、鱈の卵の煮つけ、鳥の照り焼きという

タンパク質ほとんど同じ醤油味祭りが開催されてちょっと大変でした。

ありがたいことですけどね。

 

 

『リトル・ミス・サンシャイン』

本日ご紹介する映画は、『リトル・ミス・サンシャイン』です。

オスカーをはじめ各賞レースで絶賛されたロードムービーです。

 

全米美少女コンテストで地区代表に選ばれた9歳のオリーブとその落ちこぼれ家族が、

コンテスト決戦の地を目指してオンボロ車で旅するなかで再生していく様

をユーモアたっぷりに描く。(PG-12作品です)

 

レビュー

クスリをやって老人ホームを追い出されたエロジジイ。
勝つことにこだわるものの自分は破産の悩みを抱えるお父さん。 
ゲイで男にフラれて死のうとするも未遂に終わり要監視の伯父さん。 
夢が叶うまで願掛けで一言もしゃべらないと決めたお兄さん。 
ぽっちゃり体型だけどカリフォルニアのミス大会に参加する妹。 
皆をまとめるお母さん。 

みんな個性的。 
バラバラのように見えた家族が、妹がダンスで観客からブーイングを浴びる中、

皆でステージに上がっちゃってダンシング! 家族愛に胸が熱くなります。

途中で死んでしまうのでエロジジイだけはそのステージにはいないんですが、 
宜保愛子(懐かしいな・・・)あたりが見たらきっとエロジジイもそこにいて 
誰より激しく踊っているはずなんです。中指を立てているかもしれません。 

とにかくいい映画です。ロードムービーの中で一番お勧めです。

是非ご覧ください!!! 

 


映画ランキング