秋の夜長に!ホラー映画特集

MOVIE ADDICT

こんにちは!エンジョイワークスです。

今日何気なく見ていたTVで、東山紀之が

「かっこよさの秘訣はなんですか?」と聞かれて、

「本をたくさん読むことです」と答えていました。

すごく分かりますそれ。自然と語彙が豊富になりますし、

自分の思ったことを的確に言葉にできる人には魅力が

ありますよね。

 

 

秋の夜長に!ホラー映画特集

 

夏に観るホラーも良いですが、秋には秋の良さがあります。

あえてゾクゾクすることで飲み物・エアコン・毛布・人肌・猫肌(笑)など、

温かいものにしみじみと幸せを感じられます。

 

某サイトで約2700件の映画レビューを書いている私から、

これまで観た中でお勧めのホラー映画をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

エスター

http://amzn.asia/btVCSsS

赤ん坊を死産して悲嘆に暮れる夫婦が、9歳のエスターという少女を孤児院から引き取ります。

エスターは夫婦の仲を引き裂こうと奥さんにいやがらせをするんですが、

「なんでこの子こんなに経験値の高い陥れ方をするの?」という謎が

後半で明らかになってから、恐ろしさが増します!

※写真はイメージです

 

 

 

ローズマリーの赤ちゃん

http://amzn.asia/0rf4X1w

その後のオカルト映画に多大な影響を与えた、ロマン・ポランスキー監督の名作です。

ロマン・ポランスキーは最初スキー映画を撮ると騙されてこの作品のゲラを渡されたんだとか。

現代のニューヨークを舞台に、悪魔の子を宿してしまった若妻の恐怖をスリリング描いています。

60年代のファッションや、薄気味悪いダコタハウスの外観が素敵です。

妊娠で精神的に不安定になった母親の妄想なのか、
それとも本当に悪魔は存在するのか。中盤はどっちとも
とれる撮り方で緊迫感がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

28日後…

http://amzn.asia/f4aiiAs

ダニー・ボイル監督によるホラーです。

感染した人間は凶暴化する新種のウイルスが蔓延したロンドン。

媒体は血。感染者の死体から流れ出た血が
目に入ってしまったお父さんが、自分の
感染を悟り、娘を自分が傷つけてしまわないように、
“I love you…”って言ってから厳しく
追い払うシーンがせつないです(;;)

怖さもありつつ、最後はハッピーエンドだから
怖いの苦手な人もトライしやすいと思います。

 

以上、3点ご紹介しました。

他にもお勧めはいろいろありますので、またいつか紹介させて

いただければと思います。

 

 


映画ランキング