映画レビュー『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』

MOVIE ADDICT

 

こんにちは!大阪市でWEB制作をしているエンジョイワークスです。

ファッション業界に物申したいことがあります。

クリアな赤いニットをもっと生産してください・・・どの店行ってもくすんだような

ボルドーだのバーガンディだのといった分類に分けられる色しか置いてないのです。

薄手のタートルとかだったら明るめの赤もあることはあるんですけど、私は

ざっくりしたオーバーサイズの明るい赤のニットを探しているのです!!!

おそらく他にもそれを欲している人はたくさんいるのでしょう、やっと楽天で

見つけたその条件に該当するニットも、買い物かごに入れてちょっと

他店を見ていたすきに売り切れてしまいました・・・悲しい・・・。

明るい赤いニットが欲しい!!!

 

 

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

大人気ブログ小説を原作とした、市原隼人主演の青春エンターテインメント

ムービーです。

 

あらすじは下記の通り↓

 

イタズラを仕掛けることに生きがいを感じていた通称ママチャリ(市原隼人)

率いる7人は、ある男の出現により、存在が脅かされることに。

その男こそ、国家権力の下で正義を守るべき公務員の駐在さんで、

言語道断の問題大アリな日本一大人気ない男だった。

 

彼らの悪巧みに真っ向から対抗しようとする“駐在さん”と、撃退されても

何度も立ち上がりイタズラを仕掛けつづける7人組との攻防をコミカルに描く。

 

 

 

レビュー

 

これは、最高の青春映画です。 

ホルン(?)が重過ぎて逃げ遅れたり、 
「葬式で吹くつもりだったその楽器、今吹いてみろ」 
って言われて吹けなかったり、 
小笑いがテンポよくこれでもかと繰り返されて、 
とても楽しい印象が残ります。

 

「この街でお面から顔がはみ出すようなデブは 
お前一人しかいません。」って駐在さんが言うところが 
すごく好きですww

なんだかんだ、みんないい奴らで最後は優しい幸せな気分に 
させてくれます。 

 

大好きで2回観たんですが、また機会があれば何度でも観たい

映画です。

たま~にTVで放送されることもあるので、機会があれば是非ご覧ください。

めっちゃ面白いのでDVDを借りても損はないと思います!

 


映画ランキング