消えた声が、その名を呼ぶ

MOVIE ADDICT

 
 

こんにちは。エンジョイワークスです。

本日ご紹介する映画は『消えた声が、その名を呼ぶ』です。

 

これは邦題付けた人センスいいですね。
消えた声とは何なのか。その名とは誰の名か。
映画の最も感動するシーンにその答えがありました。

 

 

舞台は1915年、オスマン・トルコ。

鍛冶職人のナザレットは妻と双子の娘と幸せな日々を送っていました。

が、その幸せは突然終わりを迎えます。

アルメニア人だからというだけで家族から引き離され、砂漠で強制労働を

させられ、仲間たちが次々と虐殺される中、ナザレットも喉にナイフを刺され

瀕死の危機に。
奇跡的に生き延びるも、ナザレットは声を失ってしまいます。

絶望的な状況の中、もう一度生き別れた娘に会いたいという強い想いが

生きる希望となり、トルコの灼熱の砂漠から、出会った人々に

助けられながら、海を越え、アメリカのノースダコタの雪降る荒れ地へと、

壮大な旅をします。

 

 

映画冒頭、空を飛ぶ鶴を指さして「鶴が飛ぶのを見た者は壮大な
旅をすることになる」という言い伝えを双子の娘に聞かせるナザレット。
今思うと伏線になっていたんですね。その後の人生で3人は本当に
長い旅をすることになります。

 

何度も繰り返される「ジャーノイ ジャーノイ・・・(愛する人)」という
歌が印象的です。

 

恥ずかしながら100年前にオスマントルコでアルメニア人虐殺があったことを
私はこの映画を観るまで知りませんでした。

歴史的悲劇を背景に、声を失った男が深い絶望を乗り越える

再生のストーリー。

監督は若き巨匠と呼ばれているドイツ人のファティ・アキンです。

(ちなみに、この監督は『ソウル・キッチン』というコメディも面白いのでお勧めです。)

 

 

印象的なシーンはたくさんあります。その中からひとつご紹介すると・・・

義理の姉から何度も「苦しみから解放して」と懇願され、首を絞めて殺す
ナザレット。彼の黒い瞳に映りこんだ炎が綺麗で、なんとも言えない気持ちになりました。


映画ランキング