コールドマウンテン

MOVIE ADDICT

こんにちは!エンジョイワークスです。

本日ご紹介する映画は、『コールドマウンテン』です。 

ニコール・キッドマンとジュード・ロウが演じるラブロマンス。

美男美女でとってもお似合いです。

 

監督はアンソニー・ミンゲラ。

『イングリッシュ・ペイシェント』や『リプリー』や『こわれゆく世界の中で』等を

撮った人です。

 

あらすじは下記の通り。

 南北戦争末期の1864年。

南軍兵士のインマン(ジュード・ロウ)は、愛するエイダ(ニコール・キッドマン)を

置いて戦場に出る。

重傷を負ったインマンは、脱走兵としてエイダの待つコールド・マウンテンへの

果てしない旅に出る。

一方、彼を待ち続けるエイダは、たくましさを身につけていく。

 

 

 

 

 

 

まず、ジュード・ロウがこの世の者とは思えぬイケメンです。

美しすぎて画面に釘付けになります。

ペネロペ・クルスはスペインの宝石と称されていますが、この頃のジュード・ロウはまさに

イギリスの宝石。アンソニー・ミンゲラの撮り方もまた、ジュード・ロウの素材の良さを最大限に

活かしきっています。大好きなんだろうなぁ。『リプリー』『コールドマウンテン』『こわれゆく

世界の中で』と3作品連続ですもんね。

 

ニコール・キッドマンはこういう「かよわい乙女⇒いろいろあってたくましく進化!」

という設定はお手の物。

脇役も素晴らしくて、ニコール・キッドマンに生きる術を教えてくれる流れ者役のレニー・

ゼルヴィガーと、ジュード・ロウがコールドマウンテンに向かう道中に匿ってくれる未亡人役の

ナタリー・ポートマンが印象的です。ナタポー魅力的すぎて、ジュード・ロウそっち

行っちゃうんじゃないかって心配したほど。

 

あと、個人的にですが、洋画でアメリカやヨーロッパの女性がまだコルセットを身に着けてた

時代設定のものと、邦画で和服を着てたり、和服から洋服への過渡期だったりといった

時代設定のものが大好物でして。

ルーマニアでロケをした雄大な映像と戦闘シーンのスケールの大きさもあいまって、

大好きな映画です。

 


映画ランキング