セトウツミ

MOVIE ADDICT

こんにちは!エンジョイワークスです。

お勧め映画をご紹介するこのカテゴリー。

第2弾は『セトウツミ』です。

 

殆どのシーンが学校帰りの河原というワンシチュエーションコメディです。

 

「お前誰や!?」
「それ割と俺の台詞でもあるぞ」

 

とか、

 

身長を比べる為に背中合わせで立って、
「・・・・・・誰が見るねん」

 

とか、

 

「頼むわ。バナナあげるから。」

「え、なんでバナナでいける思たん?」

 

とか。

2人の掛け合いがとても面白いんです。

 

 

ただ笑えるだけじゃなくて、内海は晩御飯が用意されてない家庭だったり(詳細は語られず)、
瀬戸はおじいちゃんが徘徊したり両親が離婚の危機だったり、ほろ苦さが 絶妙。

合間に流れるタンゴもすごく素敵なんです。

 

 

写真はバンドネオンという楽器です。タンゴには欠かせません。

バンドネオンとアコーディオンの違いが分からないと言う方が

たまにいらっしゃいますが、バンドネオンは真横から見たら正方形です。

アコーディオンは縦長なので、形からして違います。

ざっくり言うと、アコーディオンは鍵盤式、バンドネオンはボタン式です。

ボタン式のアコーディオンとかもあるんですけどね。ボタンの配列が異なります。

音を出す構造は同じなので、聞き分けるのは難しいですが、楽器自体のサイズの関係で

バンドネオンは小さいのでアコーディオンと比べると細い音が出ると言われています。

 

タンゴ好きなので脱線してしまいました。

 

 

監督は大森 立嗣。大森南朋のお兄さんです。

どうでもいいけど大森 立嗣氏って言いにくいですね。

大森監督はこの映画以外にも、『さよなら渓谷』や『まほろ駅前多田便利軒』、その続編の

『まほろ駅前狂騒曲』などの名作を生み出しており、個人的には何を見てもハズれのない

監督さんだと思います。

機会があれば是非ご覧ください。心の底からお勧めです。

 

今後も、和洋新旧問わず様々な名作を紹介していきますので、

ご期待ください!

 

 


映画ランキングへ