最強のふたり

MOVIE ADDICT

こんにちは!エンジョイワークスです。

突然ですが、この間の火曜日にknoppさんhttp://knopp.jp/

で食べたチーズケーキの写真を掲載します。

特に理由はありません。

強いて言うならリア充アピールの真似事がしたかったのかもしれません。

 

さ、映画レビューしますよ。

本日ご紹介する映画は、『最強のふたり』です。

 

あらすじは下記の通り。

スラム街出身で無職の黒人青年ドリスと、パリのお屋敷に住む大富豪フィリップ。

何もかもが正反対のふたりは、事故で首から下が麻痺したフィリップの

介護者選びの面接で出会った。

他人の同情にウンザリしていたフィリップは、不採用の証明書でもらえる失業手当が

目当てというふざけた理由で面接にやってきたドリスを採用する。

その日から相入れないふたつの世界の衝突が始まる。

だが、ふたりとも偽善を憎み本音で生きる姿勢は同じだった。

健常者と障害者、黒人と白人。貧しい者と富める者。

そういった違いを乗り越え、互いを受け入れ始めたふたりの間には、

非常に強い友情が芽生えていく。

だが、ふたりが踏み出した新たな人生には、予想もしないハプニングが待っていた──。

 

 

音楽が素晴らしいです。
久しぶりにサントラが欲しいと思いました。
なんてことないシーンなんだけど、フランスの田舎道をドライブしている時に
流れる曲がなんとも言えず素敵なんです。

 

 

「これは健常者用のチョコだ」
「半年も文通て!ブスとかデブとか障害者だったらどうするんだよ」
障害を持つフィリップに黒人青年ドリスがすごいブラックなことを言いまくるんですが、

悪気がないから 気持ちよくて面白いんです。

フィリップのお金持ちファッションが何気にステキでした。
シャツにスカーフを合わせているんですが、組み合わせ方が絶妙です。

 

フランス映画の詩的な台詞とか、理解が追い付かない謎展開が苦手!という方にも

安心してご覧頂ける傑作です。


映画ランキング