資生堂 マキアージュ ウォータリールージュ RS338

大人美容部

こんにちは!エンジョイワークスです。

塗るのではなく「染める」という新しい概念のルージュが最近流行しています。

気になる。

 

染めるって何?って思いますよね。

従来のものとどう違うかと言うと、一般的な口紅は、唇の上に色材の混ざった油分を乗せて

いるだけなんです。

マキアージュのウォータリールージュは、油分ベースではなく水分ベースで、かつ3層に

分かれています。色成分が唇のアミノ酸と結合し、水分が唇を潤し、その上に密着&

つや再生オイル、さらにその上にもつやオイル。

あれ?3層?4層じゃね?と書いてて思ったんですが資生堂さんが

3層って言うんだから3層なんでしょう。

 

よく分からないけどなんかすげぇ!ってことだけ伝わればいいです。

 

 

普段はベージュ系しかつけないんですが、試しに購入してみました。

マキアージュのウォータリールージュ。色味はRS338(インディペンデントローズ)です。

自立した気さくな個性派のイメージだそうです。

普通に「濃いめのローズ」とかじゃダメなんですね。

自立した気さくな個性派。

実際に「自立した気さくな個性派だよね」って言われたら褒められてるのか高度な

ディスりなのかちょっと悩むところですけども。

分かりにくいけどなんかかっこいい。

これもある種イメージ戦略なんでしょうね。

 

ポンポンとチップで乗せて、伸ばして、んーぱってして、完成!

 

このルージュのすごいところは、仕上がりが6時間キープできるところ。

食事をしても、キスをしても、色落ちせずに綺麗なままなので

デートにもピッタリです。知らんけど ( *´艸`)

 

濃い色を付けこなすのって、難しいですよね。

無理した感じになってしまわないかとか、派手すぎなんじゃないかとか思ったりして。

そういう時は、

ネイビーやブラックなど、ダークなトーンで統一したファッションに、唇だけで色を差す。

もう一か所色を足すとしたら、ネイル、パンプス、バッグなど小物でリンクさせる。

昔からあるテクニックですが、誰でもおしゃれっぽく見えるし、

何より簡単でトライしやすいので、お勧めです。

 

 

 

 


日記・雑談(30歳代)ランキングへ