レトロなコスメに学ぶ普遍的価値の強さ

大人美容部

こんにちは!エンジョイワークスです。

今週来週にかけて降る雨の後、季節はガラッと

変わるそうです。

アウターの出番にわくわくします。

今年のアウターはロング丈を着流すか、

大きめジャケットを袖を通さずに肩掛けするのが

流行るそうです。

 

 

 

 

 

レトロな化粧品をパケ買い

 

なんとなく歴史を感じるパッケージのものを手に取り、

安かったのでそのまま購入してみました。

今回購入したのは次の2品。

 

・ももの花ハンドクリーム

・クラブホルモンクリーム

 

 

 

 

ももの花ハンドクリーム

 

なんと60年以上前からあるそうです。

ももの葉エキスやオリーブオイルなどが入っていて、

ひびやあかぎれ、カミソリ負けで荒れた肌にも

効くそうです。

夜すりこんで寝ると、翌朝ふっくらすべすべ!

お値段はたしか600円くらいだったと記憶しています。

 

なんか実家でも見かけた気する

 

テクスチャーは結構かため。ワセリンでガードしてるぜ!っていう

感じがします。その分どうしてもべたつき感はあるので、一本指打法で

すくいとり、片方の手の甲になすり付け、両手の甲どうしをこすり合わせて

付けるのがもっとも手の平側がべたつかない、精神的もやもやが少ない付け方です!

 

 

クラブホルモンクリーム

この商品、1935年からあるそうです。80年以上・・・!すごいですね。

ネットで調べたところ、あのニベアよりも効果が高いと言われています。

女性ホルモンが入っているので、潤う力の改善に期待できそうです。

美白、ニキビ予防、毛穴ケアだけでなく、バストアップや体毛が薄くなるという

意見も。

この商品もたしか600円くらいでした。

 

 

マイナーな商品なのか、ドラッグストアでは一番下の棚にひっそりと

置かれていました。見落としそうなくらいひっそりと。

それでも、こんなに古くからある商品が、おそらく昔のパッケージのままで、

存在し続けているというのはすごいことだと思うのです。

よほどの実力があるのでしょう。

「うち、これじゃないとあかんねん!」というおばあちゃんから

娘へ。そして孫へ。代々引き継がれていく名品。ああ、いいなぁ。

 

 

コロンとしていてかわいらしい

 

 

さっそく使ってみました。安いので惜しみなくたっぷりと。

これも結構かためのテクスチャーです。

普段からスキンケアには気をつかっていますが、大人になるにつれて

抗えないのが毛穴の拡大。きちんとコラーゲンを補い、保湿を完璧に

していないと、お肌がゆるみ、毛穴が縦長になるのです。ひぃ!おそろしい!

 

クラブホルモンクリームを使った翌朝、鏡を見てニヤニヤしました。

毛穴がキュッとなってる!

5000円のクリームより効いている!

これは手放せなくなりそうな予感です☆

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング