書き出し小説のススメ

いろいろ

こんにちは。エンジョイワークスです。

書き出し小説という新しいジャンルがあるのをご存じでしょうか。書き出しの一行のみで、読者に続きが読みたくなるような、その先を妄想したくなるような、魅力的な話を紡ぐというアレです。

 

私も試しに書いてみました。

【モチーフ:占い】

朝の星占いで、「12位の方のラッキーフードはエビドリアです☆」と言われたが重度の甲殻類アレルギーである。

 

 

 

 

 

【モチーフ:不条理】

朝起きたらマグロの切り身になっていて起き上がれない。

 

 

 

 

 

【モチーフ:ヤクザ】

「俺の目の黒いうちはお前は安泰だ!はっはっは」と御年93の組長が病床で笑った。

 

 

 

 

 

 

 

【モチーフ:不倫】

電話をかけてみると、テーブルに置かれたままの彼の携帯に表示された私の名前は「直美」ではなく「直樹」だった。

 

 

 

 

 

【モチーフ:厨2】

世界が漆黒の闇に閉ざされて既に8日が過ぎようとしていた。

 

 

 

 

 

【モチーフ:ホラー】

壊れた雨どいと、ドアノブにまで絡みついた蔦が、その家が主を失って何年も経過していることを物語っていた。

 

 

 

【モチーフ:建築】

家を食べもので建てなければならないとしたら、芋けんぴに勝る建材はないであろう。

 

 

 

 

 

以上。

自分で書き出しを書いてみると、普段自分が読む作品の最初の一行に込められた作者の思いとか、そこから話を展開させ組み立てていく大変さとか、いろいろ感じることができてより深く読むことが出来るようになった気がします。皆さんも一度、トライしてみてはいかがでしょうか。