眠すぎる 助けて というときに

いろいろ

こんにちは。大阪市でWEB制作をしているエンジョイワークスです。

 

諸事情で最近平日に寝不足になることがあり、もちろん仕事は真面目に

こなしていますが、どうしても泣きそうに眠くなることがあります。

今まさにそれです。

せっかくなのでそれを活かしてしまおう。

ということでこのファッキンスリーピーな状況から脱却する手段を調べ

片っ端から試してまいります。

 

 

左右の耳たぶを下に3秒引っ張って話す

耳にはツボがいっぱいあって引っ張るだけで頭がすっきりするそうなんですが・・・。

依然眠いままです。なんなら両方の耳たぶを引っ張った状態で眠りにつけます。

よって強力な眠気には残念ながら効かないということですね。

個人差はあるかもしれませんが。

どうでもいいけどこの人の骨格吉田沙織に似てない?

 

 

 

 

 

 

 

PCやスマホのブルーライトを逆に利用する

夜寝る前にブルーライト浴びると寝れなくなるっていうじゃないですか。

あれの逆利用です。

 

てか朝からずっとブルーライト浴びてますし。眠いですし。

これもダメですね・・・。ブルーライトに囲まれたまま深い眠りに

落ちれます。

 

 

限界まで息を止めてから吸う

限界まで息を止めてから、深呼吸をしてください。

身体が窒息の危機を感じ、眠気を忘れて酸素を欲します。

そこで一気に深呼吸すると、脳まで酸素が行きわたり、

血が巡って目が覚めるそうです。

これ、結構効果ありました!ただ、死にそうになるので

深呼吸するとき「ムハァ・・・!」って変な声が出るので

隣の人に「おや?」と思われるかもしれません。

ちょいちょい小あくびは出ますが、目はいい感じに冴えてきましたよ!

 

 

ツボを押す

百会(ひゃくえ)を押してみました。場所は頭のてっぺんの窪んだところで

押すとちょっと痛いのですぐ分かると思います。

息止めでかなり意識がはっきりしてきたので、ツボ押しの効果があったのか

なかったのか正直微妙なところです。ただ、目の疲れとかにも効くツボなので

押さないよりは押した方がいいんじゃないでしょうかね。

 

 

こっわこの画像wwww

 

 

以上、眠気を覚ます方法でした~。

 

 


人気ブログランキング