テレアポをしている会社にテレアポをするということ

いろいろ

こんにちは。

エンジョイワークスです。

 

当社では、HP制作の営業をしています。

その中で、お客様へのご案内の手段として、テレアポをする

こともあります。

なので、当社に営業の電話がかかってくると、職業柄

アポインターさんの話し方やアポをとろうとする熱意が

あるのかどうか等、非常に気になります。

 

 

まず、自信がなさそうに話すのは問題外です。

自信がなさそうに勧められると、商品自体にも

問題があるのではないかと勘繰ってしまいます。

 

「是非ご検討頂ければと思うのですが~・・・。」

とかもダメです。

思うの「ですが」ということは、文章はまだ終わっていません。

そこで黙られても。

何待ちなんですか。

「結構です!」って言われたくて電話してるんでしょうか。

 

「是非ご検討頂ければと思うのですが、いかがでしょうか。」

「是非ご検討頂ければと思うのですが、もしよろしければ

お送りできる資料もございますのでご覧頂けますか?」

 

いくらでも言い回しはあると思います。

 

あと、「資料送っておいて下さい。」と言う場合は、

何パーセントかは興味があるわけですからね。

資料を送ってこないのも問題外です。

送る資料がないなら即刻作るべきです。

 

当社では常に採用活動はしているので、採用関連の

テレアポがかかってきた時に、他社と比較検討する為に

「資料があれば送って下さい。」とメールアドレスを

お教えしました。が、送られてきませんでした。

送る気がないなら、メールアドレスは聞かないで頂きたいです。

時間の無駄です。

 

 

 

テレアポは、楽な仕事ではありません。

一日何百件も電話をし、たまにはお客様から厳しいご指摘を

頂くことも。

メンタルが強くなければ出来ない仕事です。

結果を出そうという意識が弱ければ続かない仕事です。

結果がなかなか出ないからと言って、元気がない声で話してしまった

ことで、ちゃんと明るくゆっくり案内すれば契約してくれてたはずの

お客さんを逃してしまうこともあるでしょう。

一件一件、別のお客様です。

一件一件、まっさらな気持ちで。

 

 

頑張ってください。

 

 

 


人気ブログランキング