ホットケーキの人

いろいろ

ホットケーキの人と呼ばれて

こんにちは。エンジョイワークスです。

絶対「ホットケーキの人」って呼ばれてるやんって思った話がありまして。

あるカフェでホットケーキを注文したら「品切れです」と言われまして。

どうしても食べたかったので後日またそのお店に行き再度注文するも

また「品切れです」と言われまして。

対応してくれたお姉さんが若干無愛想なこともありちょっとイラッと

してしまいました。

 

「この前来たときも『品切れです』って言われたんですけど、一体何時ごろであれば

品切れになっていないのでしょうか?」

と尋ねました。キレてはいないですよ。決してキレてはいません。

 

ないものはしょうがないのでかわりにレモンケーキを注文しましたが、

ホットケーキを欲していた舌にはもの足りなく、ションボリしてしまいました。

 

オーナーの神対応

そんな私を見ていたオーナーの女性が、

「ホットケーキ、私が焼くのをサボっちゃって。私が悪いんです。

もしよかったらこれお詫びにどうぞ。」

とマドレーヌをくれました。神対応・・・材料はホットケーキとほぼ一緒だし

欲していた味に近い。

荒んだ心が浄化されていくのを感じました。

 

 

念願叶ったり!いざ食さん!

そんなことがあり、今日(10月5日現在)です。

もうホットケーキはないものと思っているので、

クリームチーズタルトを注文。

すると、オーナーが近づいてきて、小さい声で

「今日ホットケーキありますけどいいですか?」

と教えてくれました。

 

「あ・・・じゃあホットケーキで。」

と若干照れながら注文しました。

3度目にしてやっと食べられたホットケーキは、

ふっかふかで、甘すぎないように粉のバランスが考えらえた、

ホットケーキミックスとは一線を画すお味でした。

おいしいーーーい^^ もうニッコニコです。

お会計のとき、無愛想な方の店員が大きな声で

「よかったですね!ついに念願のホットケーキ食べられましたね!!!!!w」

 

今日初めて食べたのにすでに「ホットケーキの人」として定着して

しまったのを実感した次第です。

これからもホットケーキの人として、地域の飲食店の売り上げに貢献していく所存です。

 

前置きで800文字超えてしまったので書くつもりだった

「Do you speak English?って来られたときの対処法」は

別の機会に執筆しようと思います。