贅沢コロロ ショコラストロベリー

偏愛お菓子道

こんにちは!エンジョイワークスです。

本日3月3日は、ひな祭りの陰に隠れがちですが耳の日でもあります。

ヘレン・ケラーにサリバン先生が指導を始めた日だそうです。

 

 

耳で思い出したんですが、中学生の頃に川で泳いでいて、

一緒に行った女友達が

「右耳に水入った!」

と叫んだかと思うと、突然頭を左に傾け、右耳にどんどん水を入れだしたのです。

「え・・・何してるの・・・?」

と聞くと、

「耳に水入ったから。いっぱい入れたら反対側から流れ出るでしょ。」

と言われました。

右耳と左耳って、直通でしたっけ?

いったん鼻を挟んで行けないこともないのかもしれないですけど、

多分骨とか弁的な何かで水の流れは遮断されると思うんですよね・・・。

もっと全力で止めるべきだったんですが、一心不乱にザブザブ

耳に水を入れていく異様な光景に私が言葉を失って見守り続けた結果、

彼女はしっかりと中耳炎になり、耳鼻科のお世話になりました。

 

前置きが長くなってしまいましたすみません。

 

本日は『贅沢コロロ ショコラストロベリー』をご紹介します。

 

 

そもそも、コロロというグミがありまして。

巷では乳首の食感に似ているという噂が広がり、爆発的な人気でコンビニの

棚から消えるということがありました。

個人的には別にそんなに乳首感はないと思いますね。知らんけど。

 

その新食感のグミをチョコレートでコーティングしたというのが

今回の商品です。

 

さっそく食べてみました。

 

うん。

普通でした。

 

メーカーさんを敵に回すつもりは全くないんですが、

おいしくもなければまずくもない。

頭に『贅沢』という言葉が付くので期待しすぎてしまったのかもしれません。

 

グミをコーティングしているチョコレートがビターなんですが、

グミ+チョコの時点で買う人は甘党だと思うんですよね。

ビターにする必要あるのかと。

チョコレートの厚みも『贅沢』というには薄すぎるような。

 

甘いミルクチョコレートが好きな人にはあまりお勧めできません。

普段甘い物あんまり食べないけど、ちょっと気が向いて食べたいな

っていう人には合うかもしれません。