和ごころ 樂 -raku-|【牛肉六升弁当】

エンジョイワークスについて

こんにちは!エンジョイワークスです。

部署内ミーティングで、和ごころ樂-raku-さんの

牛肉六升弁当

をいただきました。

 

メニューは

牛ステーキ/黒毛和牛すき焼き/ローストビーフ/サラダ/昆布ご飯/そぼろご飯

 

 

お肉料理が3種類も入っているのです!

弊社には肉食獣が多く生息しているので、みんな大喜びでした。

 

「え ローストビーフって、ペラペラの薄さに切られた肉のことを

言うんじゃないんだ・・・」

と衝撃を受ける、ステーキのような厚みのローストビーフ。

ステーキとの曖昧な境界線に恐れおののくばかりです。

そして気になったので調べてみました。

ステーキとローストビーフの違い↓

https://soudan1.biglobe.ne.jp/qa1942649.html

 

 

以前ヘンテコレビューを書いて総ツッコミを受けた社員にまた

登場して頂きましょう。

以下、弊社N田の感想です。

 

今回頂いたお弁当は「和ごころ 樂 -raku-」様の華やかおもてなし弁当。

見渡す限りの肉、肉、肉。
これほど牛肉まみれのお弁当は恥ずかしながら私、食したことがない。
それぞれがローストビーフ、すきやき、ステーキ。おまけにごはんの上に牛肉のそぼろ。
「当店の牛肉スペシャル。どうぞご賞味あれ。」
そう生産者様の声が聞こえてきそうだ。(※実際には聞こえていません)

最初に口にしたのはローストビーフ。ローストビーフにはタレがついていて、かけて口に運ぶとほんのり甘いテイストで、牛肉のさっぱりした脂と相まってちょうど脳に疲れが見え始めるお昼どきには嬉しい糖分補給。
次にステーキを口に運ぶ。
ローストビーフと違い「俺は牛肉だぞ」と言わんばかりに肉の風味を主張した牛肉。
ローストビーフと比べて肉厚はそれほど差異はありませんでしたが歯ごたえは抜群。
噛めば噛むほど肉。
噛む。ぎゅっ。肉。
この間ごはんがすすむすすむ。
最後にすき焼きを食したら、これが普段食べるこってりしたすき焼きと違い、さっぱりとした風味でおどろき。
甘さ控えめしかし味はしっかり。
とどめと言わんばかりのごはんに乗っかった牛肉のそぼろ。
「牛肉は足りているか?」と職人様の声が聞こえてきそう。

これらを食べ終えるまで5分もかからず、夢中で食してしまった。
「これは胃もたれすごいぞ」蓋を開けた瞬間そう思ったが
添えられたお野菜がシャキシャキ、ローストビーフのオニオンスライスと紫蘇でサッパリ。
それらの引き立て役の爽やかな味付けが牛肉の味と中和、いや、調和させているのには感動。

また一つ添えられた花形のはんぺん。
肉肉しいお弁当に一つ添えられた遊び心。
恐れ入りました。

これほど牛肉と遊び心にあふれたお弁当を作られる「和ごころ 樂 -raku-」様の華やかおもてなし弁当。
ぜひみなさんも食してみては。

 

 

以上です。

 

すき焼き、甘さ控えめというよりかは、しっかりと味を染み込ませてあり

甘みも十分に感じられるお味だったと思うのですが・・・。

それよりなにより許せないのは「花型のはんぺん」て。

それ、お麩だよ!!!!

飾り麩です!これはカエデをかたどっており、夏の懐石料理で

季節感を出すためによく使われています。

秋になったらきっと緑~黄色~赤のグラデーションになった

もみじ麩を入れてくれるのだと思います。

やれやれ・・・でも今回も笑わせてもらったよ。ありがとう、N田。

 

 


人気ブログランキング