BLOG

ブログ

「炊飯器」という名の全自動ひとり鍋製造機があってだな

エンジョイライフ!

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

さて!薄々お気づきの方もいらっしゃるかと存じ上げますが、

私は晩ごはんは炭水化物を抜く派でございます。

(おもくそ食べる日もあるのはナイショです)

 

 

朝はパン派だった私ですが…

1月に実家を飛び出したとき、朝はパンかシリアルでなんとかなるやろうということで、

炊飯器の「す」の字も考えていなかったのです。

 

なのでお米を炊く環境を整えないまま2ヶ月が経過したわけですが、

気づきは意外なところからやってきました。

 

「朝ごはん、パンよりご飯のほうが腹もちよくねえ・・・??」と。

 

そうなんです、全然お腹満たされずに正午を待たずして力尽きるみたいなパターンが多くて、

結局通勤経路にあるカフェロイヤルさんのパンの耳を毎朝もらってたんですね。

しかし、もしかすると、相変わらず減らない体重は、間食の多さにも起因しているのではないか、と。

何より机のまわりにパン粉がついてしまうし、それを拭く手間とウェッティも消費していました。

 

一説によると、空腹の原因はお腹に入っている量が少ないから、というより、

栄養がじゅうぶんに足りていないから、ということだそうです。

たとえ時間のない朝であっても、炊いてたご飯をチンして卵かけでかきこむくらいは

全然問題ないしなあ・・・と思い始めてしまったのです。

 

 

そして、決定打となるTipsが。

炊飯器をつかって、ボタンひとつで色々料理がつくれるらしい。

もちろんそういう機能が組み込まれた便利家電が登場していることは知っていましたが、

そりゃあ普通の炊飯器でもできないわけないわな、、、と今さらにして気づいたんですね。

 

「メリット/デメリットが2つあったら、それは決断のとき」というマイ基準にのっとり、

善はいそげと注文したタイガーさんのシンプルなやつが届いたんで、早速使ってみた結果…

 

 

 

 

ラク~♪♪♪ウマ~♪♪♪♪♪

テキトーに水いれるじゃないですか。人参、大根、白菜、えのき、切って放り込みます。

鶏肉も解凍したのをそのまんま投入し、煮込みモードでボタン1発30分。。。

 

色味ェ…

 

一人鍋、できてる~~~~~!!!!!

 

 

いやこれ、当社比でもんのすごい時短化です。

 

一人鍋って、ラクそうでも結局手間と時間かかるんですよね。

火加減みたり、吹きこぼれ対応に追われたり、灰汁とったり。

そうして出来上がったものが上手くできてるかというと、

大根が固いやら肉が半ナマやらえのきを入れ忘れるやら(それは知らんけど)。

 

その点炊飯器鍋はまず間違いがありません。

煮物機能がついていると完璧ですね。

ほかにもポトフとか角煮とかおでんとか、色々な活用法を試せそうです。

 

とにかくハンズフリーなんで、出来上がるまでに掃除するかーとか洗濯するかーとか

家事が捗るのも大貢献!!ほぼ毎日お世話になっています。めでたしめでたし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ、炊飯の話一個もしてない!!

というか、お米すらまだ買ってねぇ!!!!