“右”でも“左”でもあらへん。“両方”こそが正しかったんや…

エンジョイライフ!

みなさんこんにちは!大阪市&越谷市で活動するウェブ制作会社エンジョイワークスの、

 

エスカレーターの使い方について日頃モヤモヤを抱えながら…

いやそうでもないか…な、ライター2号です。

 

日頃電車通勤を続けておりますと、なにかとマナーネタがたまっていくのでございますが、

今回はエスカレーターについて気になることをご紹介いたします。

(政治ネタのニオイを嗅ぎつけた方には申し訳ありません)

<なお先輩が先日とりあげたエスカレーターについての記事はコチラ>

 

 

ご存知でした?エスカレーターは「両側立ち推奨」ですって!!

 

 

関東人と関西人のあいだで、よく取り交わされる「エスカレーターどっち側に立つ?」という

きわめてどっちでもいいお決まり文句的な論争があるのですが、

そもそもどっちも根本から間違えているというね。

 

実際に「一般社団法人日本エレベーター協会」のホームページでは、

以下のような呼びかけが行なわれています。

 

  • エスカレーターの安全基準では、ステップ上の歩行が想定されていない
  • すり抜けは荷物や体の接触を招き、思わぬ事故が発生する恐れがある
  • ケガなどで片方の手すりにしかつかまれない利用者も考えられる

<エスカレーターのご利用について(一般社団法人日本エレベーター協会)>

 

 

以上の条件をクリアするにはどうするか、といえば、それは

「手すりにつかまり、両側で立ち止まって利用する」

という結論にいたるわけです。

 

 

とはいえ「実際にやれるんですか」問題も

 

 

しかし、これ本当に実践するとなるとなかなか厳しいものがあります。

まず考えられるのは後方からの突き上げ問題。

両側立ちが正しいといっても、そのルールを知らない人から見れば

「なに立ち止まってんだよ、どけよ」となるのは火を見るよりも明らかです。

私も両側立ちルールを知ったのってけっこう最近でしたし。

 

そこで下手に精神をすり減らすぐらいなら“長いものには巻かれろ”精神で

片側の待ち列に時間をかけて並ぶほうが、ラクといえばラクなんですよね。

なにせ通勤ラッシュ時の人間ってどうしても倫理観が低下してしまっているので、

無用なトラブルは避けたいところです。はぁ。

 

いつかは両側立ちが当たり前な世の中になると良いですねぇ。

 

 

 

あなたは右側派?左側派?

それとも両側派??

※私は階段派です


人気ブログランキング