BLOG

ブログ

締め切り直前!『宣伝会議賞』審査員のお言葉

円楽大学

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

 

※「応募締め切りまで」はスクショ当時の情報

 

以前、1年で一番大きなキャッチコピーの大会「宣伝会議賞」を取り上げたところ、

同僚から「キャッチコピーに興味がわいた!」と反響をもらいました。

<たかが一行、されど一行。『第57回 宣伝会議賞』挑戦のススメ>

 

そこで今回は、自分の勉強がてら、

実際に審査に関わるコピーライターの方が

どんなことをしゃべっているのかをまとめることで、

「自分も100万円目指していいのかも…」と思えるモチベを

溶き卵のようにかきたててみたいと思います。

※今回ご紹介する内容は、すべてネットに無料で公開されているものを参照しています。

「その先が肝心なところやないか・・・!」という部分もあえて放置していますことをご了承ください。

 

 

谷山氏曰く「コピーは描写ではなく解決である」

日本でいちばんデカいコピーライター団体、

東京コピーライターズクラブ(TCC)のトップを務める

谷山雅計さんは、著書で「ダメなコピーは描写になっている」

「いいコピーとは解決である」と述べていらっしゃいます。

<外部参考:「良いコピー」とは何なのだろうか考えてみました>

 

つまり、対象とする商品やサービス、企業のことをただ説明するのではなく、

その対象が抱えている何らかの課題を解決するための言葉こそが、

宣伝会議賞の審査で評価されるコピーらしいのです。

 

ただし、ここで注意したいのは、「解決を目的とした描写ならオッケー」なのだということ。

「課題の解決に目的を置いた表現」なら何でもござれ、と考えると、間口が広がりそうです。

<外部参考:谷山雅計さんインタビュー>

 

 

河西氏曰く「性悪になって考えよう!」

サクサクまいります。

審査員の一人、河西智彦さんは、宣伝会議賞への挑戦者たちに向けて

「性悪になれ!!」とおっしゃっています。

<外部参考:「性悪」になってコピーを書こう>

 

パッと見、ちょっと理解がむずかしいかもしれませんが、

「そもそも広告なんて誰も見たくない」というところから出発すれば、

なるほどたしかに合点のいく言葉ではないでしょうか。

つまり、消費者側の視点に立つということです。

 

私たちは普段、広告やCMにほとんど興味がないはずです。

こんな新機能がつきました、こんなにメリットがあります、こんなに素晴らしい商品です…

などと自慢を並べ立てるのではなく、

ここだけはほかの商品とちがう、ここだけは知ってもらいたい、ここだけは本当に革新的…

など、謙虚ながら強い姿勢で発した本音の言葉こそが、消費者に届くのではないか。

筆者はそのように読み取りました。

 

 

出すだけタダ!1つでも思いついたらエントリーしてみよう

 

 

いかがでしょうか。

お読みになって、「書けそうになってきた!」とアガッてまいりましたでしょうか。

それとも「案外めんどくさそう…ちょっとパス」と気落ちしてしまわれましたでしょうか。

 

何れにせよ、応募締め切りまであと13日です(本記事公開時点)。

出すだけなら、タダ!

 

きっと1つでも思いついてしまったら、応募せずにはいられなくなると思います。

物は試しということで、コピーライター気分を味わってみてはいかがでしょう。