BLOG

ブログ

世界よ、これが“エリート変態”端末だ。『ThinkPad X1 Fold』

モノ派

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

 

 

 

 

 

さて、当ブログのガジェット系連載シリーズ「モノ派」にとって、

新年1発目にふさわしい・・・いや、ふさわしすぎる新製品情報が舞い込んできました!!

 

これまで2回もご紹介している(つまり今回3度目の登場)、

日本が世界に誇るラップトップブランド“ThinkPad”が、どデカくやってくれました。。。

 

 

その名は・・・

 

『ThinkPad X1 Foldですッッッ!!!

 

 

 

『ThinkPad X1 Fold』とは

さっそくレビューを行なっていきたいところではありますが、

あまりの衝撃度にどこから手をつければよいのやら状態ですので、

とりま、動画をご覧いただきたく存じ上げ奉り候。。。

 

 

 

 

 

 

いやほんと、どこからツッコミを入れたらいいものやら。

ひとまず箇条書きでザッとまとめさせていただきますと。。。

 

  ・一体型折りたたみ式ディスプレイ端末(半分で9インチ、広げれば13インチ)

  ・折りたたんだ状態で、隙間に付属キーボードを収納(挟んでいるあいだ無線充電)

  ・付属キーボードを使用せず、一枚板/見開き式のタブレット使用が可能

  ・本体のみを曲げて、下半分を仮想キーボードにする使い方も可能

  ・耐久性についてはThinkPadならではの過酷なテストで検証済み

 

 

つまり2WAY?3WAY??

 

・・・ちがう、4WAYか。

(①全画面PC ②全画面タブレット ③2画面PC ④2画面タブレット)

 

 

あらゆる局面に対応できる、由緒正しき変態端末。

ガッツリ作業したいときも、移動中で取り急ぎ確認したいときも、自宅でゆったりくつろぐときも。

変幻自在に形を変えられる、全環境対応型の変態デバイスが誕生してしまいました。

「変態デバイス」というのはたいてい“おもしろ枠”扱いされてしまいますけども、

本製品にかぎっていえば設計・コンセプト自体は理路整然としているため、

敬意を込めて“エリート変態”と呼ぶ方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

ThinkPadのことですから、付属キーボードの打ち心地もハイクオリティなハズ。

発表されたものには同シリーズのアイコンである●(トラックポイント)が付いていませんが、

今後対応モデルが発表される見込みだそうなので、トラックパッド部が狭くたって安心ですね。

そもそも画面がタッチに対応しており、誤動作防止の観点からも

トラックパッドの小型化はむしろ大歓迎です。

 

 

 

一周まわって買い(かもしれないの)では。

個人的な感想として、最初は「でも、手間は増えるんでしょう??」でした。

マイクロソフトのSurfaceシリーズにもいえることなのですが、

こういうハイブリッド端末は、得てして取り回しに苦労するものです。

ところが、一周して「まてまて、これが現時点で最適解なんちゃうか…」

と考えをあらため始めております。

 

 

 

 

付属するカバーによって外側が手帳のような革質感になることも好感ポイント。

(ThinkPad最大の欠点である汚れやすさが軽減されそう)

ただ、耐久性に関してはどうしても不安が残るので、

2020年中頃の発売から半年ほどは様子見したいと思います。

 

 

 

 

 

それにしても・・・

やるな、ThinkPad!!!!(cv:池田秀一)