週刊『Muji Car 1000』、想刊。

モノ派

時を超えて蘇る、日本の雑貨ブランドの飽くなき挑戦_

週刊『Muji Car 1000』、想刊。

 

 

あの無印良品が2001年に発売した、幻の名車「Muji Car 1000」が、あなたの手の上に蘇る。

日産の2代目マーチの特徴であるつきたてのお餅のようなやわらかいフォルムと、

誰からも嫌われない無印らしいアイボリーのカラーリングを特殊工法で完全再現。

オリジナルのマーチから一番の変更点である専用ラジエーターグリルや無塗装ドアミラー、

あえて無塗装なバンパーはツヤなしプラスチックパーツで別途に造形し、

お高くとまらない上品な庶民性を素材から演出しています。

 

 

 

またシンプルにして機能性が重視された車内装備品は、一つひとつを丁寧に新規成型し、

簡素でいてチープにはならない独特の風情を表しています。

クリーム地の専用メーターパネル、

前席の専用クロスシートには特殊素材を使用し、

後席にはチャイルドシートアンカーの付いたビニールシートを備えています。

 

さらに、内部構造にも徹底的にこだわりました。

MA10型エンジンの後継エンジンとして、日産自動車が1992年から2002年まで生産していた

CGエンジンを、細部から組み立てられるので動力の構造を理解することができます。

 

そして専用デザインのキーについては原寸大でメタリック素材で再現。

まさにMuji Car 1000をあなたの暮らしに取り入れたような喜びを感じられることでしょう。

 

 

車という、装飾やスペックの追求に走りがちなモノにこそ、

常に生活者にとって必要な要素について考え商品化してきた無印良品が、

フラットな観点から車を見直し、リ・デザインして社会へ提案したMuji Car 1000。

その決して古びることのないコンセプトと佇まいを、あなたの机の上にお届けします。

 

 

創刊号は特性バインダー付き。640円で書店にて、あったらいいな。

(大阪市と越谷市でWEB制作なら)

エ-ンジョ-イワークス ♪