BLOG

ブログ

たぶんイスってやっぱり値段がものをいうっぽい気がしないでもない(仮)

モノ派

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

 

 

 

 

これまで家のいる時間が少なかったので、安物のイスで済ませていたのですが、

在宅作業が増えたことにともない、

なんかこう、だいぶしんどくなってまいりました。

腰や背骨の健康は、この先の人生にとってなかなか重要だと考え、

思い切って「ちょっといいイス」に新調しました!!

 

 

 

目的を忘れるべからず。

 

この社会情勢ですと、いきなり大きな壁にぶちあたります。

「イスを見に行けない(行けても限りなく行きづらい)」という問題です。

 

 

 

となると、必然的にインターネット通販を選ぶことになるわけで、

寸法を自身で計測してシミュレーションすることが肝になってまいります。

さっそくAmazonで検索を始めてみると、オフィス向けの事務的なタイプのみならず、

アンティーク調のかわいらしい商品も多数並んでいるではありませんか!

 

 

 

・・・しかし、ここでいったん頭を落ち着かせる必要があります。

当初の目的を忘れてはいけません。私は生産性を高めるためにイスを探しています。

けっしてインテリアや癒やしを求めているわけではないのです。

ここは見た目よりも、あくまで座りやすさを重視しなくてはいけません。

 

これまでの人生、見た目を重視したがゆえの悲劇を私は繰り返してきました。

同じ轍を踏むわけにはいかないわけであります。

 

 

 

 

 

 

決め手は、購入者の生の声。

 

それにしても、イスほど「ピンきり」という言葉が

ふさわしい道具もあまり多くないように思います。

見た目がどんなに可愛くても、やっぱり安い商品ほど

「たてつけが悪い」「部品がそろっていなかった」

「そもそも座り心地が悪い」などのマイナス評価が並んでいます。

とはいえ、高いなら高いで購入者のハードルが上がり、

いちがいに高評価ともいえないわけですが。

 

 

 

Amazonやオフィス用品サイトでひとしきりめぐり、

どれを選んだらいいか混乱し疲れてしまった私は、

安息の地・無印良品へと逃げ込みます。

 

 

無印良品では、仕事用のイスを「ワークチェア」とし、

いわば松・竹・梅的なわかりやすいラインナップをしいていました。

この価格差がすごいのなんの。気になるの商品も、見た感じ色気はゼロです。

 

 

画像のは肘置きなしバージョン。7千円差・・・。(公式サイトより拝借)

 

 

無印らしいといえばらしい、何一つ主張をしない無味無臭のデザインで、

正直いって私はあまり乗り気じゃありませんでした。

 

 

しかし、一つだけ入っていたコメントが目に止まったのです。

 

 

 

 

 

「朝起きて、ソファに座るよりこのイスに座って新聞を読むようになりました。」

 

 

 

 

 

この一節に負けて、私は松イス(造語)の購入ボタンを

ふるえる人差し指で押すに至ったわけです。

さらば◯万円。。。

 

 

 

 

 

実際に使ってみて。

 

◯万円もする値段で、肘置きの調整はもちろん

リクライニングもしない仕様はいかがなものかと思いました

(今でもちょっと思っている)が、やっぱり松だけのことはあるなと。

 

 

 

1万円前後のイスって購入者が組み立てるパターンが多いと思いますが、

無印からは完成品が送られてきました。しかもMade in Japan。

歪みやガタツキ、いっさいありません。さすがです。

 

 

 

座り心地も、クッションで誤魔化すのではなく形状そのもので腰~背筋を支えるスタイルで、

長時間座ることによる疲れがゼロとはいいませんが、以前よりははるかに少ないですし、

疲れ方もなんというか自然なんですよね。

 

 

 

 

 

 

たしか、オフィスチェアで最高峰とされるイスは15万円くらいした気がします。

いつかはそのイスも購入を検討できるよう頑張るとして、

当面はこの松イスでバリバリやっていこうと思っております!!