BLOG

ブログ

美しく生きるための一冊の本・齋藤薫のエクエルダイアリー

大人美容部

こんにちは!大阪市でWEB制作をしているエンジョイワークスです。

 

エクエルのサイトが気になる

 

カルシウム、コエンザイムQ10、ルテイン、コラーゲン、ハイチオールCなど

さまざまなサプリを摂取している私ですが、なかでもエクオールは欠かさず

飲んでいます。ちょっと今は小粒で飲みやすいDHCさんのエクオールに

浮気中なのですが、先駆けである大塚製薬のエクエルもアラフォー世代には

とても人気があるサプリです。

そのエクエルのサイトにあるふたつのコンテンツをご紹介します。

 

 

美しく生きるための一冊の本

 

https://www.otsuka.co.jp/eql/onebook/

コンテンツ配信は2020年9月17日まで。

 

7つの質問に答えると、あなたの潜在能力を診断し、その力を活かしながら

より美しく輝くためのおすすめの本を一冊紹介してくれます。

 

ちなみに私の診断結果がこちら↓

おすすめされた荻原 浩の『金魚姫』という本をせっかくなので読んでみました。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07DN5ZVG8/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 

同棲していた彼女との生活のために就職した仏壇・仏具の会社が

超絶ブラック企業で、体も心も疲れ果て、彼女にもフラれ、死にたいと

常に願っている主人公。

ある日、祭りで行なわれていた金魚すくいに自分の人生を賭ける。

あの赤く美しい金魚をとることができたら、生きる。

できなければ、この辺りで一番高いビルから飛び降りて死ぬ。

 

賭けに勝った主人公と金魚の生活が始まってすぐ、

異変は訪れる。

赤い着物を着た水浸しの美しい女性が部屋に突然現れたのだ。

 

といった感じのお話です。

なぜその女性は金魚に姿を変えているのか。

この世で彼女はなにをしたいのか。

なぜ主人公のもとにやってきたのか。

コミカルな中に、一滴一滴墨汁を入れるかのように少しずつ色濃く

なってくる悲しい運命。

せつなくも温かいラストで、読んでよかったと心から思いました。

ちなみに、荻原 浩は『明日の記憶』という映画の原作者として有名ですね。

この映画の樋口可南子の演技が素晴らしいんですよ!

記憶を失っていく夫が激しく動揺して暴れたことで、樋口 可南子演じる

妻が軽いけがを負ってしまいます。

その翌日、夫に代わって一家を支えるためにブティックで働く妻は、

接客の合間に鏡に映る自分を思いつめた表情で見つめます。

お客さんに呼ばれて振り返るときには、辛い気持ちを一瞬で心の奥底に隠して

見事な笑顔を見せます。この瞬間にゾクッとしました。

守るべきものがある、女の強さがにじみ出た美しい表情でした。

 

 

齋藤薫のエクエルダイアリー

 

さて、脱線してしまいましたが次行きましょう!

https://www.otsuka.co.jp/eql/gelee/diary/

こちらはエクエルジュレのサイト上にあるコンテンツです。

 

美容ジャーナリストとして有名な齋藤薫さんのエッセイが読めます。

エクエル自体が中高年の女性向けなので、記事もエイジングケアに

ついてのものが多いですが、老化はすべての女性にやがて訪れる

ものですから、若い女性が読んでもなにか得るものはあるのではないかなと

思います。

 

 


人気ブログランキング