USJの今は無きアトラクションを懐古する

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

大阪が世界に誇るテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)。

開業18年という歴史のなかで、いくつもの人気アトラクションが生まれてきました。

その一方で、惜しまれつつクローズしたアトラクションがあるのも事実。

今回は、そのなかでも私が好きだったアトラクションを2つご紹介します。

年パスがあるのになかなか行けないので、こうして思いを馳せて気を紛らそうという魂胆です。

 

E.T.アドベンチャー(2009年終了)

映画のクライマックス、E.T.を故郷の星に帰すシーンを再現したアトラクションです。

9人乗りの自転車型ライド(!)に乗り込むのですが、

このとき運よく最前列になると、発光するE.T.の後頭部を眺めながら空中散歩を楽しめます。

 

また、アトラクションの最後にE.T.が名前を呼んでくれます。

これが、オープン当時小学生だった私にはなかなかの衝撃でした。

以前、弊社ブログで紹介されていた『serial experiments lain』。

【アニメ】祝・20周年。それでも“lain”はつかまらない

ゲーム版に、主人公の玲音がプレイヤーの名前を呼ぶという演出があります。

「名前を知ってくれた!」という特別感がいいんですよね…。

ちなみに、パーク内でもらえる誕生日シールを持っていると、

E.T.から「ハッピーバースデー」とお祝いされます。

 

E.T.アドベンチャーの跡地は、スペース・ファンタジー・ザ・ライドになっています。

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド(2016年終了)

こちらのアトラクションは記憶に新しいのではないでしょうか。

ストーリーは完全オリジナルですが、ドクやビフ・タネンなどが登場していました。

日本語吹き替え版でドクを演じていた声優・青野武さんが亡くなった後も

声を聴くことができたので、クローズが決まったときは寂しかったです…。

(青野武さんといえば『ちびまる子ちゃん』の友蔵で知られていると思いますが、

 私はSFC時代の格闘ゲーム『バトルタイクーン』のガストンがとても好きです)

 

また、ハロウィン期間中には映画『呪怨』とコラボしたこともあります。

私はホラーコンテンツがダメダメのダメなので乗らなかったのですが、

友人曰く「デロリアン(※)に足が生えた」とかなんとか…。

(※デロリアン…劇中に登場する、乗用車型のタイムマシン)

 

こちらの跡地は、ミニオン・ハチャメチャ・ライドになっています。

 

2020年までにSUPER NINTENDO WORLDがオープン予定

2001年、ハリウッド映画をコンセプトにオープンしたUSJ。

海外でも人気のあるアニメやゲームとのコラボも積極的に行なうことで

幅広い層の来場者を呼び込み、成功を収めているテーマパークです。

現在、2020年のオープンを目指して新エリアの建設も進められています。

これからの展開が楽しみですね!

USJに行けない悲しみを解消するのが目的でしたが、余計に行きたくなってまいりました。嗚呼…。

 


人気ブログランキング