すべては舞台で輝く推しのために。「プランク」で体力づくりをしよう。

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

平成最後の年末年始がやってきますね。ご予定はいかがですか?

私は例年通り寝正月を満喫するつもりですが、そうすると気になってくるのが体重

さらに最近、舞台俳優(兼声優)である推し(※1)の宣言を見てしまいまして…。

すでにムキムキマッスルボディーだというのに、彼はどこを目指そうというのか。

ともあれ、すでに立派なシックスパックを備えた推しが筋トレをしている以上、

お腹にたっぷり脂肪を備えた私が運動をしないというのは筋が通りません。

しかし、運動不足のオタクにとってジム通いはいろいろとハードルが高いので、

特別な道具や場所が必要ない「プランク」から始めてみることにしました。

 

プランクのやり方

まずは、内臓を支える「腹横筋」を鍛える、基本のプランクのやり方から。

ポッコリ下腹を解消できるトレーニングです。

30秒×2~3セットを目安に行ないます。

体幹が弱いと10秒程度でもプルプルしてしまうと思いますが、

腕に体重をかけすぎず、お腹の位置が下がらないように意識しましょう。

 

基本のプランクに慣れてきたら、サイドプランクもやってみましょう。

わき腹などの筋肉を鍛えることで、くびれをつくれます。

こちらも30秒×2~3セットを目安に、左右それぞれ行ないます。

 

30日プランクチャレンジ

一時期、海外で「30日プランクチャレンジ」というのが流行したようです。

キープ時間を徐々に長くすることで効果を実感でき、やりがいを得られるんだとか。

5日ごとに休みの日があるのも、怠け癖がある私には嬉しいポイントですね!

 

すべての舞台オタクよ、筋トレをしよう

私自身がそうなるまで知らなかったのですが、舞台オタクは意外と体力を使います。

1公演ならまだ「心地よい疲労」くらいで済むのですが、

マチソワ(※2)、全通(※3)にもなるとヘロヘロで劇場を後にすることになります。

舞台の上で光り輝く推したちを万全の状態で見届けるためにも、

まずはプランクで体力をつけたいと思います!舞台のDVDを見ながらでもできるし、ね。

 

※1 推し:「イチ推しのメンバー」の略である「推しメン」をさらに省略した呼称。

   他人にオススメできるほど好き・応援している人またはキャラクターを指す。

※2 マチソワ:同日中に行なわれる昼公演(マチネ)と夜公演(ソワレ)を連続して観劇すること。

※3 全通:複数回ある公演をすべて観劇する、つまり「全部通う」こと。

 

 


人気ブログランキング