やわらかライティングのお手本に。NHK「NEWS WEB EASY」

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

ライティングのこだわり

 

 

筆者がライティングをするときにもっとも気をつけていることは、

「文章が簡単で、伝わりやすい内容になっているか」です。

専門用語や漢字をわざと多くするのも一つのテクニックですが、

よほどの理由がなければ、簡単な文章のほうが良いと思っています。

 

しかし、難しい単語や回りくどい表現を

つい使ってしまうことがあるのも事実です。

そういうときは、NHKの「NEWS WEB EASY」を確認しています。

 

「簡単な文章」のお手本

「NEWS WEB EASY」は、子どもや外国人向けのニュースサイトです。

やさしい日本語で書かれており、漢字にはふりがなが振られています。

そして、元の記事と読み比べることができるのがポイントです。

 

〈NHK NEWS WEB版〉

落選者に再抽せんの方針 東京五輪チケット組織委

〈NEWS WEB EASY版〉

東京オリンピックの組織委員会「2回目の抽せんをします」

 

この2つの記事を読み比べてみると、

・「申し込みが殺到し

  →「大勢の人が申し込んだので

・「再び抽せん販売を行う方針を明らかにしました

  →「2回目の抽せんをすると発表しました

など、簡単な単語や表現を使っていることが分かります。

「この単語は難しいんだ」と気づくきっかけになります。

 

また、元の記事にある

「販売できる正確な枚数『現時点では未定』」以降の文章が、

EASY版ではすべて省略されていることが分かります。

重要な点にしぼって説明することも大切だということです。

 

読みやすい文章を目指して

 

 

ところで、この記事の文章もなるべく簡単に書いてみました。

どのように読めるでしょうか?

図書館をもっと身近に。「レファレンス協同データベース」

前回の記事に比べると、難しい単語を使っていないかわりに、

文章のリズム感が悪くなってしまっている気がしました。

 

文章のやさしさとリズム感を両立するのは難しそうですが、

ライターとしては挑戦しがいのある課題だと思います。

弊社にHP制作をご依頼くださるお客さまのために、

さらなるステップアップを目指します!

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村