BLOG

ブログ

宇宙入門~「地球の外」に飛び出そう~

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

突然ですが、宇宙はお好きですか?

筆者は小学生の頃、図書館で宇宙に関する児童書や図鑑を

片っ端から借りたり読んだりするほど宇宙好きの子どもでした。

 

一番好きな惑星は「金星」です。

地球のお隣、距離にして3950万~2億5970万kmの

位置に存在している金星は、“地球の兄弟星”と呼ばれています。

惑星の大きさや重さが地球とほとんど同じなので、

かつては地球のように生命が存在すると考えられていました。

 

本題に入る前に、ちょっと金星の話

金星には「明けの明星」「宵の明星」という異名があります。

惑星を覆う厚い雲が太陽の光を反射してキラキラと輝き、

早朝や夕方などの明るい空でもよく見えるのでこう呼ばれます。

 

美しい名前をもつ金星ですが、近年の研究によって

実はとても過酷な環境の星であることがわかっています。

 

まず、金星がキラキラと輝く理由である雲の正体は硫酸です。

大気の主成分は二酸化炭素で、気圧は地球の90倍もあります。

そのうえ、地表の気温は450℃以上にも達します。

とても人間が生きていける環境ではありませんね。

 

そんな金星は、まだまだ謎の多い惑星でもあります。

たとえば、「スーパーローテーション」と呼ばれる強風。

惑星の自転速度を超える風が吹くことは普通ありえないのですが、

スーパーローテーションは自転速度の約60倍の風速があります。

 

また、太陽系のなかで金星だけ自転の向きが逆になっています。

つまり、金星では太陽が西から東に向かって昇るのです。

 

天才バ●ボンの歌詞が、金星では真実になる。

 

宇宙入門にぴったりの書籍&雑誌を紹介

このように、「太陽系の惑星が何でできているか」程度の

知識であれば、宇宙に興味のある子どもなら当たり前のように

知っていたりしますが、大人は意外と知る機会がないですよね。

 

わが子に「なんで?」「どうして?」と聞かれる前に、

ちょっと勉強してみるのはいかがでしょうか?

 

おすすめの書籍は、

大人も子どもも夢中になる はじめての宇宙の話』。

https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761270070

 

タイトルに「子どもも夢中になる」とありますが、

小学校高学年以上なら理解できるレベルかと思います。

児童書に比べ、専門用語も交えて詳しく解説している感じです。

 

また、日本初のプラネタリウムがある大阪市立科学館では、

月刊うちゅう』という冊子を毎月発行しています。

ホームページからPDF形式で読むこともできます。

https://www.sci-museum.jp/about/publication/universe/

 

ちなみに5月号では、オリオン座の1等星である

ベテルギウスに関する記事が掲載されています。

実は今、ベテルギウスがめちゃくちゃアツイんですよね!!

「なぜ?」と思った方は、ぜひ調べてみてください。

 

そして、コロナの影響で休館していた大阪市立科学館ですが、

今日(5月21日)からプラネタリウムのみ開館するそうです!

大変な今だからこそ、地球の外に目を向けて息抜きしてみませんか?

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村