BLOG

ブログ

スマホだけで画像を合成してチェキ風の写真をつくりたい

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

最近、スマホカバーがボロボロになってきたので

「旅行前に買い替えよう♪」とビッ●カメラに行ったのですが、

そもそも3年前の機種なので品ぞろえがイマイチでした。

ウソだろ…?もう3年の付き合いになるの…?(時の流れから目をそらす)

 

仕方なく透明のカバーを買ったのですが、無個性で可愛くない!!

そこで、中に写真を入れてオリジナリティーを出すことにしました。

今回は、スマホを使ってチェキ風の写真をつくりたいと思います。

 

1.メインとなる写真を撮影する

後々の加工しやすさを考慮して、緑色の背景で撮影します。

いわゆる「クロマキー合成」というやつですね。

しかし、今からプロ仕様の背景布を準備するのは大変なので、

「原色大辞典」というホームページの力を借りることにします。

https://www.colordic.org/colorsample/1075.html

こちらにアクセスして、パソコンのモニターをバックに撮影!

被写体が暗いけど、後で加工するので、まあ良しということで。

 

この画像を無料のペイントアプリ「ibisPaint X」で加工していきます。

 

アイビスペイントX

アイビスペイントX
開発元:ibis inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

 

2.アイビスペイントで加工する

新規キャンバスを作成し、先程の写真をレイヤーとして読み込みます。

下部バーの右から2番目→カメラマークから、読み込みたい画像を選択。

「線画抽出を行ないますか?」と聞かれるので「キャンセル」をタップ。

 

下部バーの左から2番目→「自動選択」をタップ。

さらに左から3番目をタップして、「簡単設定」と「線の下にもぐる」をオフ。

背景をタップして選択状態にしていきます。

被写体以外がチカチカしている点線に覆われたらOK。

上部のアイコンから「レイヤーのクリア」をタップすると背景が消えます。

最後に「選択解除」で、点線(=選択部分)を解除しておきましょう。

 

次に、合成したい背景素材を取り込みます。

今回は手っ取り早く、アプリに搭載されている素材を使用。

で、なんやかんやあって・・・

 

こうなりました!!!!(※端々でスクショを忘れました)

 

加工に力を入れすぎた

~やったこと(うろ覚え)~

・被写体のレイヤーを3枚に複製した

・一番上のレイヤーを「スクリーン」にして「ガウスぼかし」をかけた

・一番下のレイヤーにも同じ数値で「ガウスぼかし」をかけた

・真ん中のレイヤーに「ぼかしツール」で奥行き&統一感をだした

・背景画像に被写体よりも強めの「ガウスぼかし」をかけた

(このあたりから自分が何をやっているのか分からなくなってくる)

・新規レイヤーに「同心円波グラデーション」で光源をつくった

召されそう。

・さらに「放射状波グラデーション」で光線をつくった

もっと召されそう。

・被写体の右側に「オーバーレイ」で影を描写した

 

気が済むまで加工したら、PNG形式で画像を保存します。

PNGはJPEGより高画質だって、ばっちゃが言ってた。(言ってない)

チェキと同じサイズの新規キャンバスをつくり、

保存した画像を読み込んでイイ感じに配置したら完成!

プリンタやコンビニで、L判サイズで印刷します。

 

オリジナリティーのあるスマホカバーをつくりたい方は、

ぜひチャレンジしてみてください!

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村