放置するとコワイ「噛み締め癖」

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

2019年も気づけば7月。本格的に暑い季節がやって来ました。

筆者は家から会社まで満員電車にゆらり揺られて約30分間、

おっさんのバッドスメルに心を無にしつつ出勤しています。

 

筆者が味わった、突然の“恐怖”

昔の話なのですが、歯の定期健診に行ったとき、

担当の歯科医にこんなことを言われました。

 

医「寝てるときに歯ぎしりしてないですか?」

私「してないと思います」

医「じゃあ、噛み締め癖は?」

私「それはあります。考え事してるときに・・・」

医「ああ、やっぱり。奥歯にヒビ入ってますよ

私「ヒェッ」

 

「マジで?????」

 

突然の宣告にすっかりビビってしまった筆者でしたが、

ヒビが入っているといっても完全に割れているわけではなく、

線のようなものがうっすらと入っているだけとのこと。

 

医「でも、アゴの力が強すぎると、本当に割れちゃうかも。

  そうなる前にマウスピースで予防する必要があります」

私「マウスピースって、あれですよね。

  『はじめの一歩』とかで殴られた拍子に飛んでいくやつ

医「テレビでスポーツ番組とか見ないの??

  そもそも、実際のマウスピースは

  そう簡単には飛んだりしないので安心してください」

 

「作るかどうか決める前に、アゴの力を測ってみましょう」

そう言って医者が取り出したのは、体温計のような形の器具。

噛む部分と、数値が表示される液晶部分に分かれています。

 

測定の結果は・・・

医「びっくりするほど平均を下回ってますね。

  これなら今すぐ作らなくても大丈夫です(笑)」

私「貴様!!!!

 

こうして、ムダにビビらされた挙句、

「アゴの力がめちゃくちゃ弱い」ということが周知され

ちょっと恥ずかしい思い(?)をした筆者。

とはいえ、噛み締め癖を放置するのはやはりよくないそうです。

 

噛み締め癖によるトラブル&対策

噛み締め癖を放置していると、

・歯にヒビが入り、表面がもろくなる

・歯がすり減ってしまう

・最悪の場合、割れたり欠けたりする

などのトラブルが発生してしまうそうです。

また、頭痛や肩こりなどの原因になることも。

 

口を閉じていても、上下の歯は接しないのが正常な状態。

筆者の場合、集中しているときに噛み締め癖が起こりやすいので、

「なるべく意識して力を抜くように」とアドバイスされました。

顎関節に拳を当て、グリグリとマッサージするのも良いそうです。

噛み締め癖で悩んでいる人は、ぜひお試しください!!

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村