BLOG

ブログ

知ってた?日本の伝統模様に込められた意味

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

日本特有のデザインとして、海外でも人気のある和柄

おしゃれなだけでなく、実は模様の種類一つひとつに

願いや意味が込められているのはご存じでしょうか?

今回は、伝統的な文様の種類と意味についてご紹介します。

 

 

■麻の葉(あさのは)文様

正六角形の中心からそれぞれの角に向かって直線が伸びた文様で、

その形が麻の葉に似ていることからこう呼ばれています。

麻は成長が早く、虫が寄りつかないことから、

「すくすくと健康に育ってほしい」という願いを込めて

赤ちゃんの産着に使われる風習がありました。

 

■唐草(からくさ)文様

蔓(つる)が絡み合いながら伸びていく様子から

「長寿・繁栄」という意味合いで親しまれている文様です。

メソポタミアやエジプトで生まれた「アラベスク」という文様が

シルクロードを経由して日本に伝わったものだといわれています。

 

■亀甲(きっこう)文様

日本では古くから亀は長寿の象徴として親しまれており、

その甲羅の形を表す亀甲文様も広く愛されています。

基本は六角形ですが、花をあしらった「亀甲花菱」など、

派生となる文様のバリエーションが多いのも特徴です。

 

■七宝(しっぽう)文様

円形を重ねて描くことで光と花のような形を表す文様で、

子孫繁栄や人間関係の円満などの意味合いがあります。

ちなみに「七宝」とは、

金・銀・瑠璃・玻璃・しゃこ貝・珊瑚・瑪瑙(※)の

七種の宝物を指すことばです。

※瑠璃:るり。ラピスラズリのこと。

※玻璃:はり。水晶のこと。

 

■青海波(せいがいは)文様

連続した扇形の文様で、海の波を表しています。

広い海になぞらえ、平穏を願う意味合いが込められています。

 

■豆絞り(まめしぼり)文様

お祭りの手ぬぐいでおなじみの、ドット柄のような文様です。

丈夫・健康という意味の「まめ」と「豆」を掛けているほか、

豆はたくさんの実が成ることから、子孫繁栄の意味もあります。

 

■矢絣(やがすり)文様

矢羽を縦方向に並べ、組み合わせている文様です。

一度飛んでいった矢は決して戻ってこないことから、

江戸時代には結婚する女性に矢絣文様の着物を持たせ、

「出戻らない」と縁起を担ぐ風習があったそうです。

 

 

 

ホームページや名刺などのデザインで悩んでいる方は、

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村