BLOG

ブログ

親知らず、抜きにいったど。

いろいろ

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

数ヶ月前から、上の奥歯の手前に食べたものが挟まるようになりました。

しかも放置しているとズキズキ痛んでくるのです。

「これは困った~♡」と思い、地元の歯医者さんを訪れますと・・・

 

親知らずであった。

親知らずは生え方がけっこーフリーダムらしく、

場合によっては歯磨きがむずかしい場合があるそうで、

私のはまあまあややこしめのヤツでした。

歯ブラシが届かないことで汚れがたまり、

虫歯にむしばまれた(フフッ)ことで歯間に隙間が生じ、

そこにものが挟まるようになった・・・というわけです。

エナメル脅威のメカニズム。

 

今まで虫歯治療を経験したことがない(トウサンカアサンアリガトウ)ので、

戦々恐々であります。

しかし、毎回糸ようじで掃除しなければならない手間もウンザリで、

ほとほと愛想を尽かしたために抜歯を決断したのでした。

 

 

いざ、抜歯。

とうとう当日、唐突に憂鬱。(どうでもいいけどこのまえリップスライムのベスト借りました)

先に通されていた診察室に、先生が道具をもってやってきました。

背中はすでに汗ジットリでございます。これから私の悲鳴が

半径5メートルぐらいにわたって響き渡るのでしょう。

 

なんということだ・・・(麻酔1発目)

この世に神はいないのか・・・(麻酔2発目)

ほら、恐怖のあまり顎半分の感覚がなくなってきた・・・(20分ほど待機)

最期に会いたい人は誰ですか・・・なんと声をかけたいですか・・・(ミリミリミリミリミリミリ)

 

 

 

\ ず っ ぽ す /

「ハイ、抜けましたー。」

 

 

はや。うっそん。

もっとギャリギャリキュイーンやるもんちゃいますのん。

・・・うわほんまや、なんか抜けてる。

 

 

 

私「ほっほへあいほんひぁほほほうへあひあ」(=もっとエラいもんやと思うてました)

先生「そりゃあ、ねえ(自分の腕を叩きドヤァ)」

 

 

というわけで、小野妹子に、じゃない、

ものの見事に抜いてくださったというオチです。

感謝カンゲキ、あらしのよるに(実際帰りは嵐に見舞われた件)。

 

 

いざとなったら、カジュアルに。

抜いてもらった歯は大切に持ち帰りました。

大人になって歯が抜けることってまあないですから、

ポッカリあいた穴とともに、なつかしいやら嬉しいやら。

 

家に帰って観察すると、側面に黒いクレーターが。

なるほどここに虫歯菌が巣をつくり、ものが挟まっていたんですねぇ。

長年連れ立った歯に対して、ただただ感謝の気持ちが湧いてくるのです。

 

それと、歯ってこんなに潔く抜けるものなんですね。

土に埋まっている芋を掘り起こすような。

芸能人の「ぜんぶ抜いてインプラントにした」みたいな話を聞いて

恐ろしや~・・・と思ってましたが、お金さえあれば全然悪くないですね。

 

もしみなさんのなかで、これから親知らずを抜かなければならないことがあったら、

ぜひ過剰に怖がらず、なんならカジュアルに抜歯を楽しんでいただきたいです!

症状や先生によっては地獄をみるかもしれませんが。

※特に下の親知らずを抜くときは要注意とのこと。先輩ライター談

 

 

 

治療中、モニターに流されていた24時間テレビで、

歯のない老夫婦の幸せそうな姿を拝見し、

とても勇気をもらったのでした。

 

 

 

後日談:

空いたはずの穴に固い存在を確認。

まさか、あれは乳歯だったのか・・・!?

 

なんてはずはなく、アーモンドの破片がめり込んでただけでした。

ホッとしたような、さみしいような。