含水率、気にしたことありますか?

いろいろ

こんにちは!大阪市でWEB制作をしているエンジョイワークスです。

この記事を書いている10月17日は、とても秋らしい空をしていました。

 

 

 

 

 

まず雲の位置が夏より高くなっています。

そして、うろこ雲。

正式名称は巻積雲(けんせきうん)といいます。

もうすっかり秋ですねぇ。

 

 

 

含水率、ご存じですか?

ソフトコンタクトレンズには、「含水率」という数値があります。

これはコンタクトレンズにどれだけ水分が含まれているか

ということを表しています。

この数値が高ければ高いほど、水分を多く含んでいる

ということになります。その水分を通して、角膜に

酸素が届けられます。

 

含水率が50%より高いものを高含水コンタクトレンズ、

50%より低いものを低含水コンタクトレンズといいます。

じゃあちょうど50%のものはなんていうのかなと

ちょっと思いましたけども。

 

 

 

勘違いしていた

私は高含水レンズがいいに決まってる!と思っていました。

だって酸素透過性が高いうえに潤ってるんでしょ?むしろなんで

低含水レンズなんてあるの?と。

しかし、それは大きな誤解だったのです。

 

どちらのレンズにも、メリットデメリットがあり、ドライアイに

悩む人(私もそうです)は低含水レンズの方が適している

らしいのです。

 

高含水レンズは、酸素透過性と装用感(ゴロゴロしないなど)が増すかわりに、

時間が経過してレンズが渇いてきたときに、その高い水分量を保持しようと

目から水分を奪ってしまうのです。

一方、低含水レンズは固めなので異物感はあるかもしれませんが、

乾燥は出にくく、また耐久性が強く汚れにくいというメリットがあります。

 

私はワンデーアキュビューディファインの着け心地がみずみずしくて

好きなのですが、これも高含水レンズなのでやはりものすごく目が

乾きます。目薬をきらすと挙動不審になるほどです。

 

ためしに、低含水レンズを使ってみたところ、たしかにいつもより

目の渇きが控えめでとても快適でした。

購入したのはエンジェルアイズワンデーUVモイストです。

名前が恥かしい・・・エンジェルアイズて。

色はブラックとブラウンの2種類です。

 

かなり長い間、間違ったコンタクト選びをしていた・・・ショックです。

みなさんもご自身の目に合ったコンタクトを選んでくださいね。

 

 

 

 


人気ブログランキング