文豪たちのおもしろエピソード(と、ゲームの話)

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

突然ですが『文豪とアルケミスト』というゲームをご存じでしょうか?

太宰治や宮沢賢治、夏目漱石などに代表される文豪たちが転生し、

本のなかの世界を破壊する「侵蝕者」と戦う…というストーリーです。

 

「文アルをきっかけに文学に興味をもった」という若い世代も増え、

近代文学=堅苦しいというイメージはだいぶ薄れてきたと思います。

今回は、数々の名作を紡いできた文豪たちのエピソードをご紹介します。

 

左から志賀直哉、直木三十五、石川啄木(レベルが低いのは見逃してほしい)

ちなみに直木三十五の記念館は弊社から歩いて15分の場所にあります。

 

志賀直哉

『城の崎にて』で知られる志賀直哉は、大の自転車好きでした。

ある日、志賀は外出先にて若者から自転車競走を挑まれます。

しかし、曲芸乗りをするために改造している自分の自転車では

スピードが出ず、「このままでは負けてしまう」と悟る志賀。

そこで彼は自転車の後輪を相手の前輪に引っ掛け、そのまま逃走!

なお当時の自転車は、今の新車くらいの値段だったといわれています。

 

直木三十五

直木三十五は、あの「直木賞」の由来となった作家です。

一風変わった名前で、読み方も「なおき さんじゅうご」。

彼は31歳のときに「直木三十一」としてデビューしてから、

三十二、三十三…と誕生日を迎えるたびに改名していました

しかし友人の菊池寛に「いい加減にしろ」と怒られてからは、

「直木三十五」として活動を続けたといわれています。

 

石川啄木

石川啄木は、非常に惚れっぽい性分でした。(※だいぶオブラートに包んだ表現)

短歌の添削指導をしていた頃、「良子」を名乗る依頼人の写真に

一目惚れをした啄木は、彼女宛てにラブレターを送ります。

しかし、良子の正体は「良太郎」という男性でした。

「依頼人が女性であれば、快く添削に応じてくれるだろう」と

考えた良太郎が、知人の写真を自分だと偽って送ったそうです。

 

 

名だたる文豪の逸話を知ると、また違う目線で作品を鑑賞できます。

ぜひ作品だけでなく、作家そのものにも注目してみてください。

そして『文豪とアルケミスト』は3月に舞台が上演されます!!

よろしくお願いいたします!!(記事の主旨変わってる)

 

 


人気ブログランキング