BLOG

ブログ

みんな~!『ワンナイト人狼』やろうぜ~!

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

突然ですが『ワンナイト人狼』というゲームをご存じですか?

複数名のプレイヤーが「人狼陣営」と「村人陣営」に分かれ、

村人のなかに潜んでいる人狼を探す……というゲームです。

通常の人狼ゲームは何ターンもかけて行なわれるのですが、

それを1ターンに集約したのが『ワンナイト人狼』です。

 

ゲームの流れ

1、プレイヤー全員に、役職がランダムに与えられます。

2、【占い師】【怪盗】のプレイヤーが能力を使用します。

3、プレイヤー全員で、誰が【人狼】なのか話し合います。

4、【人狼】だと思うプレイヤーを、多数決で決定します。

 

得票数が最も多かったプレイヤーは、自分の役職を開示します。

・【人狼】ではなかった!⇒【人狼】プレイヤーの勝利!

・【人狼】だった!⇒【人狼】以外のプレイヤーの勝利!

 

そして、プレイヤーのなかから【人狼】を探し出すために

必要なのが、【占い師】【怪盗】などの役職がもつ能力です。

『ワンナイト人狼』には、基本的に4つの役職があります。

 

▲人狼ゲーム界の最モテ役職・占い師。(画像はイメージです)

一発で【人狼】を当てることができれば神として崇められるが、

ヘマをやらかすと【村人】にとっては地獄の展開になってしまう。

 

役職について

【人狼】

必ず1つある役職です。

多数決で選ばれないよう、他のプレイヤーを騙しましょう。

 

【村人】

能力をもっていませんが、最も人数が多い役職です。

 

【占い師】

必ず1つある役職です。

話し合いの前に、以下の能力からいずれかを使うことができます。

・プレイヤー1人の役職を見る

・余っている役職の内容を見る(※)

【人狼】が「私が本物の占い師だ!」と嘘をつくこともあります。

ほかのプレイヤーを信用させるトークスキルが要求されます。

 

【怪盗】

必ず1つある役職です。

話し合いの前にプレイヤー1人を選び、役職を交換します。

相手は交換されたことを知りません。

【村人】や【占い師】と交換した場合は、

「この人(交換相手)は人狼じゃないですよ!」とフォローできます。

【人狼】と交換した場合は、相手は交換されたことを知りませんので、

「(【人狼】以外のプレイヤー)さんと交換して、村人でした^^」

などと適当に嘘をつき、そのまま逃げ切るという勝ち方があります。

 

※すべての役職の数の合計が「プレイヤー人数+2」になるよう、

人数の決まりがない【村人】の数を調整する必要があります。

そのため、誰の手元にもいかない余りの役職が必ず2つ発生します。

 

細かいことはいいからとにかく『ワンナイト人狼』をやろう

文章だけだと「わっかんねーよ!」と思う方もいらっしゃるかと存じます。

しかし、こんな言葉があります。「習うより慣れろ」と。

ブラウザで『ワンナイト人狼』を遊べるWEBサイトもあります。

ブラウザでワンナイト人狼

1ゲーム10分程度で決着がつくので、難しく考える必要はありません。

頭を使うゲームをしたいときに、ぜひ遊んでみてください^^

 

 


人気ブログランキング