BLOG

ブログ

クリエイティブ事業部の各チームに遊んでほしいボードゲームを独断と偏見で紹介します

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

今日更新する分のブログ記事を用意していたのですが、

直前に「内容をもう少し精査すべきでは?」ということに

気づいてしまったため、執筆時間60分でお送りいたします。

 

 

弊社クリエイティブ事業部は計6チームで構成されており、

それぞれ専門スキルを活かしてHP制作を行なっております。

そこで、各チームに遊んでほしいボードゲームを考えてみました。

 

デザイナーチーム

HPのデザインを一手に担うデザイナーさんにはこちら。

 

<エセ芸術家ニューヨークへ行く>

 

「お題に沿って1本の線で絵を描く」というイメージ力と、

「お題を知らないプレイヤー=エセ芸術家を探す」

「エセ芸術家は他プレイヤーの絵を見てお題の内容を当てる」

という推理力を要求される、なかなか奥が深いゲームです。

 

ディレクターチーム

お客さまとのやり取りが主な業務のディレクターにはこちら。

 

<ボブジテン>

 

「チョコレート」「ケチャップ」などのカタカナ語を

日本語だけで説明し、お題を当てるというゲームです。

たとえばケチャップなら、「トマト」というカタカナ語の

代わりに「夏に採れる赤い野菜」と説明する・・・など、

シンプルながら説明能力が鍛えられるボードゲームです。

 

コーダーチーム

恥ずかしながら筆者はコーディングについて無知でして、

コーダーさんぴったりのボードゲームが思いつかなかったので、

「遊んでいるところを見たい」と思ったゲームをご紹介します。

 

<たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ。>

 

単語が書かれた6枚のカードを自由に組み合わせて

素敵なプロポーズの言葉を考える、瞬発力が重要なゲームです。

プレイヤー同士でプロポーズし合ってもらうので、

きっと面白い光景が見られることでしょう。

(ヒント:弊社のコーダーチームは全員男性)

 

進捗管理チーム

文字通りHP制作の進捗を管理する進捗管理チームにはこちら。

 

<キャット&チョコレート>

 

手持ちのアイテムを使ってピンチを切り抜けるゲームです。

アイテムの組み合わせ方や解決方法などの発想力が必要ですが、

肩の力を抜いて楽しめる大喜利のようなゲームになっています。

さまざまなシリーズがありますが、個人的なオススメは「ビジネス編」。

ブラックジョークがお好きな方はぜひ遊んでみてください。

 

SEOチーム

お客さまのホームページを検索上位に表示させるのが仕事!

そんなSEOチームにおすすめしたいボードゲームがこちら。

 

<カルカソンヌ>

 

いわゆる「陣取りゲーム」です。

「道路」「都市」「修道院」などが描かれたタイルを順番に並べ、

地形を完成させて獲得したポイント数で競い合います。

完成しそうな地形を見極めつつ、相手の建築を妨害することで、

予測能力(物事を先読みする力)が鍛えられます。

 

 

さて、こんなところでしょうか。

・・・え?「ライターチームはどうした」って?

 

・・・。

 

ライターチーム

HPに掲載される文章を書くのが仕事のライターチームには、

ずばり「しりとり」なんていかがでしょうか。

 

<ワードバスケット>

 

「場に出ているカードに書かれているひらがな」から始まり、

「自分の手札に書かれているひらがな」で終わる3文字以上の単語を

言いながら手札を場に出し、最初に手札がなくなった人が勝ち。

普通のしりとりと違って順番が決まっていないので、

思いついた人からどんどん手札を出すことができます。

語彙力瞬発力、さらに「どの手札をいつ使うか」という

判断力を求められるゲームです。私これ苦手なんですよね!!

 

 

いかがでしたでしょうか?

スタンダードかつ有名なボードゲームに絞って選んでみました。

機会があれば、ぜひ遊んでみてくださいね!

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村